ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > スポーツ振興課 > スポーツ推進委員について

スポーツ推進委員について

沿革

 昭和32年の文部事務次官通達により体育指導委員制度が創設され、東京オリンピックを控えた昭和36年に制定されたスポーツ振興法によって、市区町村教育委員会が委嘱する体育指導委員として法的に位置づけられました。体育指導委員を非常勤の公務員とするこの制度は、世界に例を見ないユニークな制度であり、体育指導委員は、地域スポーツの拡大発展に大きく貢献してきました。
 平成23年にはスポーツ振興法を50年ぶりに全面的に改正したスポーツ基本法が施行されました。スポーツ基本法では、以前のスポーツ振興法に定められた「体育指導委員」は「スポーツ推進委員」とみなすと規定されています。また、新たに「連絡調整等の職務」が加わり、スポーツ推進委員のコーディネーターとしての役割が一層期待されており、その責務の重要性とともに、活躍の場は今後さらに広がっていくものと思われます。
 新居浜市では69人(2017年4月1日現在)がスポーツ推進委員として委嘱されています。

組織

組織図

このページのトップへ