ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

特殊詐欺対策電話機等の設置費の一部を補助します!

現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 消費生活センター > 特殊詐欺対策電話機等の設置費の一部を補助します!

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2021年5月13日更新
<外部リンク>

特殊詐欺対策電話機等設置支援事業補助金について

振り込め詐欺などの特殊詐欺の手口は、悪質で巧妙化しています。
ダマされないために最も有効な対策は、犯人と話をしないことです。
そこで、詐欺の被害を未然に防止するのに効果的な、特殊詐欺対策電話機等(自動応答録音機能を備えた電話機や装置)を設置する場合の費用の一部を補助します。

特殊詐欺対策電話機通話録音装置

チラシのダウンロードはこちら [PDFファイル/696KB]

対象者

次のすべてに当てはまる人
・新居浜市内に住民登録があり、居住している
・世帯全員が65歳以上(令和4年3月31日までに65歳になる人も含む)
・市税を滞納していない
・令和3年4月1日以降に機器を設置している

補助対象となる経費  ※ご不明な場合、購入される前にお問合せください。

1 (公財)全国防犯協会連合会の推奨する新品の優良防犯電話推奨品の購入費用(スマートフォン・携帯電話機を除く)
 優良防犯電話推奨品の目録は下記のリンク先(公益財団法人全国防犯協会連合会のホームページ)からご確認ください。
2 NTT西日本が提供する特殊詐欺対策サービスを利用するために必要な初期工事に関する費用
 特殊詐欺対策サービスの概要は下記のリンク先(NTT西日本のホームページ)からご確認ください。 

補助金の申請から交付までの流れ

補助金額

補助対象経費(消費税含む)の2分の1(100円未満切捨て)
上限10,000円

申請受付開始日

令和3年5月6日 木曜日から

補助金の申請に必要な書類

・補助金交付申請書
・補助対象経費の領収書、または支払を証する書類の写し
・設置した機器が確認できる保証書、取扱説明書等の写し
・特殊詐欺対策サービスの利用を開始したことが確認できる書類の写し(サービス利用者のみ)
・世帯全員の住民票及び納税証明書
ただし、個人情報確認同意書を提出する場合は、住民票及び納税証明書の添付を省略できます。
※本人確認をさせていただきますので、申請者及び世帯全員の本人確認書類を持って来てください。
 マイナンバーカード、運転免許証等の写真付きの証明書は1点でOk、それ以外は2点必要です。

注意事項

・申請は、機器設置後3か月以内(または令和4年3月31日のいずれか早い日まで)となりますので、設置後はすみやかに手続きをお願いします。
・先着順で受付し、予算額に達し次第終了となりますので、早めに申請をお願いします。
・申請後に、ご自宅に電話し、詐欺対策機能等が設定されていることを確認させていただきます。
・お支払い時にポイント等をご利用された場合、ポイント等ご利用分は補助対象外となります。

様式ダウンロード

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)