ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

納税貯蓄組合

納税貯蓄組合は、納税組合法という法律に基づき一定の地域を単位として組織された納税のための団体です。
新居浜市では、平成19年3月末現在、34の組合が設立されており組合員に係る市税等の集金を中心とした活動が行われています。
組合に加入された方の市税等の納税通知書は、原則個人宛に市役所から送付されます。
組合への加入、脱退は個人の自由意思に委ねられており、対象組合の組合長へ届出書を提出することにより自由に加入、脱退ができます。
なお、組合を運営する上で必要な事務費を補うために年1回市から組合に対して補助金が支給されます。
補助金の額は、実際に組合で使った事務費の範囲内となります。

納税貯蓄組合に関するお問い合わせはQ&Aのページへ


このページのトップへ