ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

別子銅山記念館

かつて世界有数の産銅量を誇った別子銅山。その繁栄の記憶のすべてがここにある。

 
サツキが満開の別子銅山記念館

 日本三大銅山(別子銅山(愛媛)・足尾銅山(栃木)・日立銅山(茨城))のひとつに数えられ、新居浜市発展の礎となり、日本経済発展に貢献した別子銅山の意義を永く後世に伝えるため、住友グループの協力によって昭和50年(1975)に建設されました。
 建物は、鉱山坑内を彷彿させる独得の半地下構造になっており、泉屋、歴史、地質鉱床、生活風俗、技術の各コーナーを設置して、貴重な資料を展示しているほか、この記念館の前には、ドイツのクラウス社から購入し、日本最初の山岳鉱山専用鉄道である「別子1号」の蒸気機関車が保存展示されています。
 また、記念館の屋根には、別子銅山が開坑された5月にちなみサツキが10,000本、周囲には3,000本植えられ、市内随一のサツキの名所として市民や観光客に親しまれています。

所在地

新居浜市角野新田町3番13号

開館時間

9時00分~16時00分

休館日

  • 月曜日
  • 祝日(日曜日と重なる場合は開館)
  • 年末年始

お問い合わせ

別子銅山記念館

電話:0897-41-2200


このページのトップへ