ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 運輸観光課 > 愛媛・新居浜地方創生展(東京都千代田区・三井住友銀行)を開催します

愛媛・新居浜地方創生展(東京都千代田区・三井住友銀行)を開催します

平成30年1月24日(水曜日)から2月9日(金曜日)の間、 三井住友銀行東館(東京都千代田区丸の内)におきまして、以下のとおり「愛媛・新居浜地方創生展」を開催いたしますのでお知らせします。

愛媛・新居浜地方創生展チラシ

「愛媛・新居浜地方創生展」概要

日時

平成30年1月24日(水曜日)~2月9日(金曜日)

9時30分~18時00分

(期間中は土曜日、日曜日も開催しています。)

会場

三井住友銀行東館1階アース・ガーデン

東京都千代田区丸の内1-3-2

(三井住友銀行本店隣接、地下鉄「大手町駅」C14出口直結)

三井住友銀行東館ライジング・スクエアのウェブサイトはコチラ<外部リンク>

開催目的

別子銅山の近代化産業遺産群や新居浜太鼓祭りを観光資源として活用し、本市への誘客を促進するとともに、新居浜市のブランドイメージ向上や情報発信に取り組み、本市の交流人口の増加を図る。

開催内容

別子銅山の産業遺産に関するパネル、ジオラマ展示や、豪華絢爛な新居浜太鼓台「口屋太鼓台」の実物展示を行います。また、1月24日(水曜日)から1月26日(金曜日)までは、愛媛県観光物産協会による物産販売も行います。

別子銅山

元禄4年(1691年)から昭和48年(1973年)まで283年の間に標高1,300メートルから海面下1,000メートルまで採掘を続けてきた別子銅山。

その間に刻んできた別子銅山の歴史は、数々の苦難に遭遇し、それを知恵と努力で克服した道程でもある。

新居浜市内に点在する別子銅山産業遺産は壮大な感動物語を今も私たちに伝えてくれます。

  • 別子銅山産業遺産パネル展
  • 端出場水力発電所(明治45年稼働)ジオラマ展示

新居浜太鼓祭り

  • 祭山車「口屋太鼓台」実物展示
  • 勇壮華麗で迫力満点の新居浜太鼓祭りを映像と写真で紹介します。

入場料

無料

主催

新居浜市

詳しい情報はコチラ

「愛媛・新居浜地方創生展」チラシ [PDFファイル/1.85MB]

お問い合わせ

新居浜市運輸観光課

電話:0897-65-1261

新居浜市別子銅山文化遺産課

電話:0897-65-1236


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ