ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 予防課 > 旅館・ホテル等に係る表示制度

旅館・ホテル等に係る表示制度

表示マークです

【制度の概要】

 平成24年5月に発生した広島県福山市のホテル火災を受け、ホテル・旅館等の火災被害防止対策として、総務省消防庁から「防火対象物に係る表示制度の実施について」が通知されました。

 この制度は、収容人員30人以上及び防火対象物の地階を除く階数が3以上のホテル・旅館等に該当するもののうち、表示マーク等の交付を希望する関係者からの申請に基づき、消防が書類審査や必要に応じて現地調査を行い、防火に関する基準に適合していると認められた場合、交付される表示マークを掲出するとともに、ホームページにおいて電子データの表示マークを使用することができることとなるものです。

 また、収容人員30人未満または2階以下の、表示マーク等の対象とならないホテル・旅館等についても、関係者の申請に基づき審査等を行い、防火に関する基準に適合している場合、「表示制度対象外施設通知書」により、防火に関する基準に適合している旨を通知します。

 なお、いずれの適合の場合も新居浜市ホームページに掲載し、利用者に情報を提供していきます。


【申請書類】
表示マーク交付申請書(Ward)

表示制度対象外施設申請書(Ward)


【総務省消防庁からの関係通知】
防火対象物に係る表示制度の実施について(通知)

防火対象物に係る表示制度の実施細目等について(通知)

リーフレット


【基準適合ホテル・旅館等】   ※運用を開始する夏頃から掲載されます。

事業所名

所 在 地

交 付 日

表示マークの種別


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ