ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 予防課 > 消火器・火災警報器の不正な取引にご注意!

消火器・火災警報器の不正な取引にご注意!

悪質な訪問販売にご用心

 全国各地で悪質な住宅用火災警報器・消火器の不適正な取引(訪問販売や点検など)による被害が多発しています。

 悪質な業者の手口は巧妙であり、高額で販売したり、不適切な点検を行い高額な金額を請求します。また、点検費用などが適正であっても、高額な出張旅費などを請求される場合があります。

 これらにかかる被害やトラブルを未然に防止するには、各御家庭や防火対象物の関係者が次のことに十分注意しておくことが重要です。

悪質業者の手口は…

 「法律で設置が義務になったので、早急に取り付けなければならない。」と迫ります。
 役場や消防署から来たと偽ったり、強引に入ろうとします。
 「すべての部屋につけなければならない。」と偽って強引に販売します。
 「点検も義務付けられています。」と偽ります。
 「回覧板で回しており、地区の全戸に取り付けに回っている。」と心理的に追い込みます。
 内容を説明せず、一見合法的な書面に署名・捺印を求めます。

被害に遭わないために
知っておいてほしいこと

 消防職員や消防団員は、あっせんや販売は一切行っていません。また、販売の依頼をすることもありません。
 身分証明書の提示を求め、正規の契約業者であるか確認してください。
 ”怪しい”と感じたら、その場ではっきりと断り、即決・契約はしないようにしましょう。
 罰金という言葉におびえて動揺しないでください。(罰則はありません。)

不適正な訪問販売等で
購入・契約してしまったら…

 ”クーリング・オフ制度”が活用できます。
 契約書や領収書を保存して、新居浜市消費生活センターにご相談ください。(65-1206:午前8時30分から午後5時まで)


このページのトップへ