ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 財政課 > 平成17年度決算状況

平成17年度決算状況

平成17年度一般会計決算(16年度との比較)

歳入総額 平成17年度決算の円グラフ(比較)

歳入総額 平成18年度 決算円グラフ(比較)

 平成17年度の歳入総額は470億3,955万円で平成16年度と比べて49億8,354万円減少しています。
 その主な原因は、市債が40億円減少していることです。平成16年度に国の制度により低金利の市債への借換を約20億円行ったことにより一時的に増加した市債の減少、土地区画整理事業の減少やその他事業の中止・延期等による市債の減少のためです。このことにより、平成16年度に歳入総額に占める割合が2番目に大きかった市債は平成17年度には4番目となっています。
 歳入総額に占める割合の最も大きい市税は、景気回復により昨年と比べて97億円増加し、歳入総額に占める割合も30%から37%へ増加しています。


歳出総額 平成18年度 円グラフ(比較)

歳出総額 平成17年度 円グラフ(比較)

 平成17年度の歳出総額は42億4,162万円減少しています。
 もっとも大きい原因は借入金返済で、約25億円の減少です。歳出総額に占める割合も約5%の減少となっています。これは、歳入の市債減少の原因であった平成16年度に行われた約20億円の借換による返済が一時的なものであったためです。
 次に大きい原因としては都市整備の約20億円の減少です。やはり同じく市債の減少の原因であった土地区画整理事業の事業費の減少等によります。
詳しい決算の状況(歳入、歳出、特別会計、負担の状況、財産の状況)はこちらをご覧ください。
平成17年度新居浜市決算状況(PDF:16KB)
平成17年度市債借入額・現在高の状況及び平成17年度市債充当事業一覧(PDF:12KB)

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ