ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 財政課 > 平成20年度決算状況

平成20年度決算状況

決算の概要

 平成20年度一般会計決算は、歳入決算額418億5,042万6千円、歳出決算額405億1,502万4千円となり、徹底した歳出削減に努めたこと、また、大きな台風災害が発生しなかったことなどから、前年度と比較すると、歳入が16億3,682万6千円(△3.8%)の減額、歳出が19億2,938万2千円(△4.5%)の減額となっています。また、歳入から歳出を差し引いた形式収支は13億3,540万2千円、翌年度への繰越財源3億8,467万1千円を差し引いた実質収支額は9億5,073万1千円となり、昭和44年度から40年連続して黒字決算となりました。 
 特別会計の実質収支額は、貯木場事業会計で3,242万2千円、国民健康保険事業会計で8,935万3千円、介護保険事業特別会計で1億6,961万9千円、後期高齢者医療事業特別会計で6,001万6千円の黒字となりました。


このページのトップへ