別子銅山のあゆみ

銅に賭けた男たちの夢。三世紀にわたる壮大なドラマを今、振り返る。

江戸時代
 別子銅山は、足尾銅山(栃木県)・日立銅山(茨城県)と並んで、日本三大銅山の一つに数えられますが、その始まりは、一説によりますと、元禄3年(1690)阿波生まれの渡り坑夫・切り上がり長兵衛が天領であった別子山村で有望な“やけ”(銅鉱床の露頭)を発見し、備中吉岡銅山の住友家支配人・田向重右衛門に通報したといわれています。
 手代・原田為右衛門と山留(技師)の治右衛門、炭人の松右衛門とともに別子に向かった田向重右衛門は、川之江に上陸し、幕府の代官所で入山許可を得た後、天満(土居町)から浦山川沿いを通り、小箱峠を越え、弟地(別子山村)に着きました。その後、足谷川沿いを進み、苦労の末、露頭を見つけました。その鉱脈は、長さ東西1,500m、深さ海抜1,300mから海面下1,000mにも及ぶ世界でもトップクラスの大鉱脈の先端でした。
 住友家第四代友芳が稼行請負願を出し、幕府から許可されると、翌年の元禄4年(1691)に別子銅山は開坑され、最初の抗口を「歓喜抗」と名付け、住友挙げての大事業が開始されました。
 天満から別子銅山までの山道の整備から開始され、採鉱初年の産銅量は、約19tといわれています。
 幕府の長崎貿易の代金支払いが銀から銅に代わり、銅が最大の輸出品になると、幕府は銅山開発に力を注ぎ、元禄時代には、日本の産銅量は約6,000tに達し、世界最高だったといわれ、別子銅山も開坑からわずか8年の元禄11年(1698)に年間産銅量約1,500t以上を記録するなど、当時の世界有数の産銅量を誇る銅山でした。
 元禄7年(1694)に別子銅山の焼き窯から出火した火は、山内の殆どの施設を焼失させたのをはじめ、銅山支配人・杉本助七ら132人の生命をも奪いました。この大火災の犠牲者をまつる墓所である蘭塔場が、出火元近く、山内が見渡せる岩山の頂きに造られ、毎年法要が営まれています。現在は、蘭塔場のあった墓碑は瑞應寺(新居浜市山根町)に移されています。
 別子銅山は、西条藩の立川銅山と接しており、また同じ鉱脈を採掘していたため、鉱区の境界紛争がたびたび発生していました。また、住友としては、別子銅山から小箱峠を経て、天満に至る輸送経路が長距離で、かつ難路であったこともあり、別子銅山から立川(新居浜市)を経て口屋へと至る輸送経路の確保が念願でした。このようなことから、別子銅山と立川銅山を併合した大別子が宝暦12年(1762)に実現し、住友の手によって経営されることになりました。
 粗銅(あらどう)や生活物資を運ぶ輸送経路も天満までの約35kmから口屋までの約16kmに短縮され、輸送環境は、改善されましたが、遠町深鋪(えんちょうふかじき)といって、薪炭坑木を採る山が遠くなること(遠町)、採掘場所が深くなるにつれて、湧水が増し、排水が困難になる(深鋪)ことなどが発生し、採鉱環境が悪化することにより、採鉱コストが多額になるため、経営が悪化してきました。別子銅山の産銅量も500tを切り、また、幕府の御用銅の買上げ制度の廃止などにより、別子銅山の経営が危機に陥りました。


明治時代
 明治維新となり、別子銅山も幕府との関係から新政府の追及を受け、土佐藩による別子銅山の差し押さえなど、住友の経営が本格的な危機に直面することになりました。別子銅山支配人(のちの住友家初代総理事)・廣瀬宰平は、幕領の銅山を接収しようとした維新政府を説得するため、川之江駐在の土佐藩士・川田小一郎に接触し、住友による鉱山経営が国益に寄与することを説き、住友の経営を守り抜きました。
 廣瀬宰平は、銅山経営の近代化に積極的に取り組んでいきました。明治7年(1874)、フランス人鉱山技師のルイ・ラロックを雇い、全山調査の結果の末、「別子銅山目論見書」が翌年完成しました。ラロック案の内容は、東延(別子山村)から斜坑を掘削し、それに支坑道を交差させる近代的大規模採鉱法の採用と、惣開(新居浜市)に洋式製錬所を建設し、東延〜惣開間の運搬車道の建設などでした。
 東延斜坑が明治9年(1876)着工、明治28年(1895)に完成したのをはじめ、明治13年(1880)惣開製錬所の操業開始、明治26年(1893)日本最初の鉱山専用山岳鉄道である別子鉱山鉄道(上部鉄道:角石原〜石ケ山丈 5,532m、下部鉄道:端出場〜惣開 10,461m)の開通。さらに、ダイナマイト・蒸気巻き揚げ機、削岩機の導入など、別子銅山の近代化が進み、産銅量も増加していきました。これに伴い、別子山村の人口も12,000人を数えたといわれています。
 明治22年(1889)、別子銅山における住友の出張所が口屋から惣開に移転され、惣開製錬所が本格的な稼働を開始すると、製錬量の増大に伴い、製錬所の煙突から出る亜硫酸ガスのために、稲作ほか農作物に大被害が出るといった煙害問題が発生しました。明治27年(1894)に廣瀬宰平が引退した後、この問題に取り組んだのが、のちの第二代総理事である伊庭貞剛でした。
 伊庭貞剛は、煙害問題解決のため、製錬所を新居浜沖約20kmにある四阪島(宮窪町)へ移すことにして、明治30年(1897)建設着手、明治38年(1905)操業を開始しました。しかし、解決するはずだった煙害問題は、宇摩、周桑、越智郡などの東予地方一円に広がりをみせ、かえって深刻な事態に陥りました。この煙害の克服は、結局、昭和に入って、亜硫酸ガスから硫酸を回収し、硫酸工場の建設を経て、アンモニア水により中和する中和工場が完成した昭和14年(1939)でした。
 また、明治32年(1899)には、台風による集中豪雨からの山津波で、高橋製錬所や見花谷の従業員社宅などが流され、山内だけで513人、新居浜側で54人の死者を出す別子銅山大水害といった被害もありました。この別子大水害を契機に別子銅山の各施設が新居浜市に移転されました。


大正・昭和時代
 銅鉱石の採掘場所が下がってきたため、その輸送等の目的に明治35年(1902)に東延斜坑底と東平を結ぶ第三通洞が貫通し、東平に銅山関連の諸施設が建設がされました。このことを受け、大正5年(1916)に採鉱本部が東延から東平に移転しました。
 東平は、呉木・尾端・喜三谷・柳谷・辷坂・第三・一本松・東平などから構成される集落の総称で、採鉱課事務所、病院、学校(小・中学校、保育所)、接待館、索道、電車駅、選鉱場、神社、寺、販売所、娯楽場、社宅などがあり、“山の町”といわれるほど賑やかでした。その後、東延斜坑も閉鎖されるなど、旧別子(別子山側)時代は終焉へと向かいました。
 大正4年(1915)には、大立坑と端出場を結ぶ第四通洞が貫通し、採鉱はますます下部に移行してきたことにより、昭和5年(1930)に採鉱本部が東平から端出場に移転され、昭和48年(1973)の閉山まで、端出場は第四通洞を核として、別子銅山採鉱の拠点となりました。
 世界に誇る別子銅山も、海面下の深部開発が進むにつれて、地熱や地圧の上昇による環境悪化が深刻化しました。特に、地圧については、坑道の崩壊を引き起こすようになり、坑内で働く坑夫の安全確保が大きな問題となりました。
 このことに加え、市況低迷による業績悪化などから、別子銅山は昭和48年(1973)、283年の歴史に幕を閉じました。坑道の延長は約700km、最下底坑道は海面下1,020mに達しました。なお、開坑以来の出鉱量は約3,000万t、産銅量は約65万tでした。