ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 特定不妊治療費助成事業について

特定不妊治療費助成事業について

特定不妊治療費助成事業について

対象者

以下のすべてに該当する方

・愛媛県の特定不妊治療費助成事業の対象者であること
・夫婦いずれかが新居浜市内に1年以上住所を有する法律上の夫婦
・新居浜市税などを滞納していないこと

対象となる治療等

(1)不妊治療のうち、体外受精及び顕微授精(医師の判断で、やむを得ず治療を中断した場合も助成の対象となります。)
(2)男性不妊治療(精子を精巣または精巣上体から採取するための手術)

助成金額及び助成期間・回数

治療に要した費用から、愛媛県の助成金を差し引いた残りの金額を助成します。新居浜市の助成は、愛媛県の決定通知ごとに申請することができます。

助成額
(1)男性不妊治療 上限5万円
(2)男性不妊治療以外 上限5万円

助成限度回数
治療開始時(初回申請分)の妻の年齢が
(1)40歳未満の場合、43歳になるまでに通算6回まで
(2)40歳以上43歳未満の場合、43歳になるまでに通算3回まで

申請方法

愛媛県の特定不妊治療費事業承認決定通知書の発行日から1年以内に、以下の必要書類を持って保健センターまで申請してください(年度内に複数回申請可)。

特定不妊治療費助成金交付申請書兼同意書 [PDFファイル/103KB]
特定不妊治療費助成金請求書 [PDFファイル/75KB]
(参考:第1号様式、第4号様式 記入見本 [PDFファイル/148KB]
・特定不妊治療費助成事業受診等証明書の写し
・特定不妊治療費助成事業承認決定通知書(愛媛県発行のもの)
・本人名義の銀行通帳(JA、ゆうちょ銀行も可)
・夫婦別々の印鑑(透過式不可、朱肉を使うもの)

不育症について

妊娠するものの流産や死産をくり返し、結果的に赤ちゃんを持てない場合を「不育症」と呼ばれます。
厚生労働省の研究班から、不育症に関する情報が公開されています。
詳しくは「こちら(フイク・ラボ)」<外部リンク>をご覧ください。

関連リンク

愛媛県での「特定不妊治療費助成事業」および、不妊治療相談につきましては、以下のリンクをご参照ください。


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ