ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 日本脳炎予防接種を受けましょう

日本脳炎予防接種を受けましょう

日本脳炎予防接種について

 日本脳炎予防接種については、厚生労働省の通知により、予防接種後に重い病気になった事例があったことをきっかけに、平成17年5月30日から平成22年3月31日まで、積極的勧奨を差し控えていました。

 その後、新たなワクチン(乾燥細胞培養日本脳炎ワクチン)が開発され、平成22年4月1日より1期、平成22年8月27日より2期の接種が可能となり、現在は日本脳炎予防接種を通常通り受けられるようになっています。

 積極的勧奨の差し控えにより、接種の機会を逃した「平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれ」の方で、1期(1回・2回・追加)および2期(1回)が完了していない場合は、20歳未満までの間、不足している接種を受けることができますので、母子健康手帳を確認し、なるべく早く接種してください。
 また、「平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれ」の方で平成22年3月31日までに日本脳炎の第1期(1回・2回・追加)の予防接種が終了していない場合、生後6月から7歳6か月未満、または9歳から13歳未満で接種ができます。

接種対象

対象者

対象年齢および接種回数

望ましい接種年齢

1期初回

生後6か月から7歳6か月未満の間に1から4週間隔で2回

3歳

1期追加

生後6か月から7歳6か月未満の間に1期初回終了後おおむね1年あけて1回接種

4歳

2期

9歳から13歳未満の間に1回

9歳

特例接種

平成7年4月2日から平成19年4月1日生まれ

1期:4歳から20歳未満

2期:9歳から20歳未満

平成19年4月2日から平成21年10月1日生まれ

1期:生後6月から7歳6か月未満

    または

    9歳から13歳未満

2期:9歳から13歳未満

日本脳炎について

日本脳炎ウイルスの感染によって起こります。ヒトから直接ではなくブタなどの体内で増えたウイルスが蚊によって媒介され感染します。

7から10日の潜伏の後、高熱・頭痛・嘔吐・意識障害・けいれんなどの症状を示す急性脳炎になります。

日本脳炎ワクチンの副反応

副反応としては、発熱・注射部位の発赤・腫脹(はれ)・硬結(しこり)になることがあります。

通常、数日以内で自然に治ります。

接種方法

日本脳炎接種方法

実施場所

個別予防接種委託医療機関にて予約申込の上、接種してください。

医療機関によっては予約が必要でない場合があります。

医療機関一覧については、以下をご参照ください。

平成29年度市内委託医療機関一覧  [PDFファイル/143KB]

接種時に必要なもの(接種対象年齢内であれば無料です)

母子健康手帳

予防接種券・予診票

紛失された場合や転入された場合は保健センターにて再発行できますので、お問い合わせください。


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ