ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

夏季特別展「三沢厚彦 ANIMALS IN NIIHAMA」

現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画部 > 新居浜市美術館 > 夏季特別展「三沢厚彦 ANIMALS IN NIIHAMA」

本文

ページID:0134636 更新日:2024年5月9日更新 印刷用ページを表示する
<外部リンク>

三沢厚彦 ANIMALS IN NIIHAMA

日本を代表する現代彫刻家、三沢厚彦の展覧会を開催します。

三沢厚彦は1961年、京都府に生まれ、東京藝術大学美術学部彫刻科を卒業後、同大学大学院美術研究科修士課程彫刻専攻を修了しています。
2000年からは、樟(くすのき)の丸太から様々な等身大の動物を彫り出し、油絵具で彩色を施した「ANIMALS(アニマルズ)」の制作に取り組みます。グリズリーやツキノワグマ、スピリットベアなどといった表情の異なる数種のクマは、愛くるしい表情の半面鋭い爪を持ち、今にも襲い掛かってきそうなどう猛さをも兼ね備えているようです。他にも威風堂々とした佇まいのカモシカや分厚い鎧をまとったかのようなシロサイは、毛並みや皮膚の質感など細部に至るまで鑑賞者の目を惹きつけてやまないでしょう。三沢のアニマルズは圧倒的な存在感で私たちに迫ってきます。

また近年の三沢は、ギリシャ神話に登場する怪物キメラや中国の伝説上の聖獣麒麟(きりん)など、空想上の生き物をモチーフとし、複数の動物を共存させた作品の制作に取り組んでいます。本展ではアニマルズやキメラなどの木彫を中心に、絵画やスケッチなどの資料もあわせて展示することにより、三沢が持つ全ての生き物に対するイメージを紹介していきます。

新居浜市美術館に集合するアニマルズ達に会いにきてください。

 

三沢厚彦作 スピリットベア
三沢厚彦《スピリットベア》2017年 撮影:三沢厚彦


三沢厚彦作 キメラ
三沢厚彦《キメラ》2020年 撮影:三沢厚彦

 

開催概要

三沢厚彦 ANIMALS IN NIIHAMA

[会期]
2024年7月20日(土)~9月23日(月・祝)
[休館日]
月曜日(ただし8月5日、12日、9月2日、16日、23日は開館)、8月6日(火)、13日(火)、9月3日(火)、17日(火)

[会場]
新居浜市美術館(愛媛県新居浜市坂井町2-8-1 あかがねミュージアム2階)
[開館時間]
午前9時30分~午後5時(入場は午後4時30分まで)

[観覧料]
一般1,000(800)円/65歳以上800(600)円/大学生以下無料 ※ただし小学生以下は保護者の同伴が必要
※()内は、20名以上の団体料金
※身体障害者手帳、療育手帳、精神障害者保健福祉手帳のいずれかをお持ちの方(介助者1名を含む)は無料
※一般料金以外でご利用の方は、学生証や年齢確認のできるものをご持参ください。
※チケットは1階総合案内にて販売[当日券のみ]

[主催]
新居浜市美術館

 

関連事業

しばらくお待ちください。

 

交通案内

施設併設の駐車場には限りがありますので、できるだけ公共交通機関をご利用ください。

【電車をご利用の方】
JR予讃線「新居浜」駅から徒歩すぐ

【バスをご利用の方】
せとうちバス「新居浜駅」下車徒歩すぐ

【自動車をご利用の方】
松山自動車道新居浜ICからJR新居浜駅方面へ約15分
※ナビ設定でお越しの際は、住所検索かJR新居浜駅検索でお越しください。電話番号でカーナビ検索をすると正しい位置が表示されない場合があります。​

 

駐車場案内

駐車場案内図(クリックで詳細表示します) [PDFファイル/851KB]

施設をご利用の方は総合案内にて3時間無料駐車券をお配りしています。
併設の駐車場が満車の場合は、新居浜駅南駐車場・南口広場駐車場をご利用ください。
新居浜駅南駐車場・南口広場駐車場は3時間まで無料です(総合案内での無料駐車券の発行はありません)。

その他の詳細はあかがねミュージアムHP<外部リンク>をご覧ください。

 

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)