ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

(6/7更新)新居浜市市民文化センター基本構想・基本計画策定支援業務委託に係る公募型プロポーザルの実施について

現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画部 > 文化振興課 > (6/7更新)新居浜市市民文化センター基本構想・基本計画策定支援業務委託に係る公募型プロポーザルの実施について

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2022年6月7日更新
<外部リンク>

公募型プロポーザルの実施結果(6/7掲載)

 令和4年6月2日(木曜日)に開催した、新居浜市市民文化センター基本構想・基本計画策定支援業務事業者選定委員会において、次のとおり優先交渉権者を選定しました。

1.業 務 名  新居浜市市民文化センター基本構想・基本計画策定支援業務

2.優先交渉権者 JRI・IRC・YA共同企業体
            代表企業 株式会社 日本総合研究所 
            構成企業 株式会社 いよぎん地域経済研究センター
                 株式会社 矢野青山建築設計事務所

実施要領・仕様書等に関する質問・回答(4/22掲載)

プロポーザル実施要領に基づき、4月21日(木)までに文書でいただいた質問に対する回答を掲載します。

公募型プロポーザルを実施します!

新居浜市の文化芸術活動を長きにわたり支えてきた市民文化センターは、本館・別館ともに建物や設備の老朽化による問題が深刻化しており、令和9年中に本館の耐用年数(65年)が経過することを踏まえ、新たな施設整備に着手することとしました。
そのため、令和4年度、5年度の2か年で、新施設に必要な機能・施設等に関する計画の具現化を図るとともに、その事業費の精査、財源、整備手法の検討等を行い、もって新居浜市市民文化センターの基本構想・基本計画を策定を行うため、その支援業務の受託事業者を選定する、公募型プロポーザルを実施します。

1 業務の概要

(1)業務名    新居浜市市民文化センター基本構想・基本計画策定支援業務
(2)業務内容   別記「業務仕様書」のとおり
(3)履行期間   契約締結の日から令和6年3月31日(日)まで
(4)提案上限額 33,000,000円(消費税及び地方消費税を含む。)

2 参加資格

本プロポーザルに参加できる者は、次の要件を全て満たすものとする。また、共同企業体(JV)で参加する場合は、以下の(1)~(3)の要件は全ての構成員が、(4)の要件は代表となる構成員が満たすこと。なお、一者又はJVの構成員として複数の参加は認めないものとし、出資比率に関する要件は付さない。

(1)地方自治法施行令(昭和22年政令第16号)第167条の4第1項の規定のほか、次の要件に該当しない者であること。

ア 会社更生法(平成14年法律第154号)の適用を申請した後、同法に基づく裁判所からの更生手続開始決定がされていないこと。

イ 民事再生法(平成11年法律第225号)の適用を申請した後、同法に基づく裁判所からの再生手続開始決定がされていないこと。

ウ 役員等(個人である場合にはその者を、法人である場合にはその役員(執行役員を含む。)又はその支店若しくは営業所の代表者をいう。以下同じ。)が暴力団員等(新居浜市暴力団排除条例(平成23年条例第29号)第2条第3号に規定する暴力団員等又は同号に規定する暴力団員等でなくなった日から5年を経過しない者をいう。以下同じ。)であると認められること。

エ 暴力団(暴力団員による不当な行為の防止等に関する法律(平成3年法律第77号)第2条第2号に規定する暴力団をいう。以下同じ。)又は暴力団員等が経営に実質的に関与していると認められること。

オ 役員等が、自己、自社若しくは第三者の不正の利益を図る目的又は第三者に損害を加える目的をもって、暴力団又は暴力団員等を利用するなどしたと認められること。

カ 役員等が、暴力団又は暴力団員等に対して資金等を供給し、便宜を供与するなど直接的若しくは積極的に暴力団の維持、運営に協力し、又は関与していると認められること。

キ 役員等が、暴力団又は暴力団員等と社会的に非難されるべき関係を有していると認められること。

(2)公告の日から契約締結日までの間のいずれかの日においても、営業停止処分又は新居浜市(以下「本市」という。)の指名停止措置若しくは競争入札参加資格の取消しを受けていないこと。

(3)令和3・4年度新居浜市入札(見積) 参加資格審査申請書を提出し、「物品・役務」又は「測量・建設コンサルタント等」において、参加資格を有すると認定されている者(期間が有効であること。)

(4)過去10年間(平成24年度から令和3年度まで)において、元請として国又は地方公共団体が発注した次の業務実績(完了したもの)があること。なお、業務実績にはJV構成員として受託した実績も含んでよいものとする。

・ホール700席以上の文化施設における基本構想又は基本計画策定(支援)

3 参加資格確認申請

本プロポーザルに参加しようとする者は、公募型プロポーザル参加資格確認申請書兼誓約書(様式1)を作成し、関係書類とともに持参(閉庁日を除く8時30分から17時15分までの執務時間内)又は郵送(配達証明書付き書留郵便に限り、提出期限までに必着のこと。)により提出しなければならない。

(1)提出期限 令和4年4月28日(木)17時15分

(2)提出先  新居浜市企画部文化スポーツ局文化振興課(〒792-8585 新居浜市一宮町一丁目5番1号)

(3)参加資格確認結果の通知
令和4年5月11日(水)までに担当課から公募型プロポーザル参加資格確認結果通知書により通知する。

4 プロポーザル関係書類の配布方法 

本ホームページよりダウンロードすることができる。ただし、これにより難い場合は、次により配布する。

(1)配布期間
公告日から令和4年4月28日(木)までの閉庁日を除く8時30分から17時15分までの執務時間内

(2)配布場所 新居浜市企画部文化スポーツ局文化振興課

5 スケジュール

・公告日  
   令和4年4月14日(木)
・質問受付期間
   令和4年4月14日(木)~令和4年4月21日(木)
・参加資格確認申請書兼誓約書提出期間
   令和4年4月14日(木)~令和4年4月28日(木)
・質問回答期限
   令和4年4月26日(火)
・参加資格確認結果通知
   令和4年5月11日(水)まで
・参加資格がないと認められた者の説明請求期限
   令和4年5月13日(金)
・説明を求めた者への回答期限
   令和4年5月17日(火)まで
・業務提案書等提出期間
   令和4年5月12日(木)~令和4年5月26日(木)
・選定委員会開催(プレゼンテーション・質疑応答含む。)
   令和4年6月2日(木)※予定
・選定結果通知
   令和4年6月7日(火)※予定
・業務委託契約締結
   令和4年6月中旬を予定

6 関係書類

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)