ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 特別の理由による任意予防接種費用を助成します

特別の理由による任意予防接種費用を助成します

骨髄移植等の特別の理由により、一度受けた定期予防接種で獲得した免疫が消失し、再度接種することが必要な場合、その費用は自己負担となります。そこで、新居浜市では感染症の蔓延防止および経済的負担の軽減を図るため、予防接種費用の助成制度を開始します。

制度の利用にあたっては、事前申請が必要です

申請をご希望される方は、事前に保健センターまでご連絡ください。

対象者

次のすべての要件を満たす方

(1)骨髄移植手術、臓器移植手術、抗がん剤治療等により、接種済みの定期予防接種の予防効果が期待できないと医師に判断されていること。

(2)再接種を受ける日に20未満で新居浜市に住民登録があること。

(3)定期接種が予防接種実施規則に規定する接種回数及び接種間隔で行われていること

対象となる予防接種と再接種時の年齢

予防接種法で定める子どもの定期予防接種として既に接種済のワクチンで、治療を行ったことにより再接種が必要なもの。

ただし、一部のワクチンには、上限年齢があります。

BCGは4歳未満、小児肺炎球菌感染症は6歳未満、Hib感染症は10歳未満、

四種混合は15歳未満、その他の予防接種は20歳未満

制度開始日

 令和2年4月1日より、申請の受付を開始します。

助成金額

 助成金額については、上限があります。

 ただし、文書料等の経費は含みません。

助成方法

 予防接種費用を医療機関ヘ一旦お支払いいただき、後日、新居浜市から接種費用の払戻し

を行います。

申請方法

 制度を利用するには再接種を行う前に事前の申請が必要です。

 申請を希望される方は、事前に新居浜市保健センターまで、ご連絡ください。

 (だたし、制度開始時点で接種済の方を除く)また、主治医等の理由書が必要となります。

 なお、支払いについては、事前申請後に費用の払戻し方法についてご案内いたします。

●一連の流れについては、「こちら(特別の理由による任意予防接種費用の助成について)」 [PDFファイル/413KB]をご覧ください。


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ