ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新居浜市介護相談員

現在、新居浜市では21名の介護相談員が活動しています。

介護相談員は利用者と提供者の橋渡し役
介護保険によって、利用者が主体的にサービスを選び、利用する時代になりました。とはいえ、介護サービスを利用している人の中には、忙しい職員に対する遠慮や、「こんなことを言ったら嫌がられるのではないか」という思いから、要望や希望、疑問や不満を誰にも言えず我慢している人も少なくありません。サービスの提供側も、利用者のナマの声を聞くことができれば、サービス改善に役立てていけます。そこで、介護相談員が利用側と提供側の橋渡し役を果たすことになります。

小さな不満は小さなうちに
利用者からは色々な声があがります。「ほんの些細な・・・」と思われることでも、毎日の生活がその積み重ねとなれば、やがて大きな問題へと発展していきかねないものです。同じ市民としての立場から、利用者の切実な気持ちを聞き、それを「告発」としてではなく、「よりよいサービス提供」に結びつけるために提供側に伝えるのが介護相談員です。問題が小さな芽のうちに解決・改善策をみんなで探っていこうというものなのです。

どんな活動をするの?

  1. 介護サービスを提供する施設、事業所を定期的に訪問し、利用者の相談(例:施設の設備・環境に関すること、食事や入浴など日常生活に関すること、対人関係に関すること、施設行事やクラブ活動に関することなど)に応じます。
  2. 事業所の管理者や担当者と意見交換を行います。

介護サービスの提供・利用


このページのトップへ