ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 環境保全課 > 光化学スモッグとは?

光化学スモッグとは?

 太陽のイラスト大気中に排出された排ガスなどに、夏期の強い太陽光線が作用することにより、総称して光化学スモッグと呼ばれる物質が生成されます。光化学スモッグは特に、5月から9月の晴天、弱風、高温の日によく発生します。
 光化学スモッグの人体への影響として、目の痛み・息苦しさなどがあり、植物などにも被害がみられることがあります。
 そのため、愛媛県及び新居浜市では、大気の状態を常時監視しており、光化学スモッグが多く発生しているときには光化学スモッグ注意報を発令し、注意を呼びかけています。

光化学スモッグ注意報発令時の注意事項

  • なるべく屋外に出ないようにする。
  • 自動車の使用を控える。
  • 目やのどに異常を感じた人は、洗眼やうがいをし、保健所または市役所に連絡する。
    西条保健所 56-1300  新居浜市役所環境保全課 65-1512

今の新居浜市の大気の状況を知るにはこちら
愛媛県大気汚染常時監視テレメータシステム<外部リンク>
環境省大気汚染物質広域監視システム(そらまめ君)<外部リンク>


このページのトップへ