ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

よくある質問

現在地 トップページ > 組織でさがす > 福祉部 > 介護福祉課 > よくある質問

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2020年9月10日更新
<外部リンク>

手すりの取付け

手すりが老朽化したので、手すりを撤去し、新たに手すりを設置する場合は対象となりますか。

 →単に老朽化したという理由のみでは対象となりません。

ペーパーホルダー付き手すりは対象となりますか。

 →身体状況により、ペーパーホルダー付きでなければならない理由があれば対象となります。

庭の手入れのため、庭に出る掃出し窓にステップ台付手すりを取り付けたい。

 →趣味や仕事をするといった本人の生きがいや生活を充実させるための工事については、介護保険での住宅改修の対象とはなりません。
  ※ここでいう日常生活動作とは、在宅での生活を続けていくための動作(食事を摂る、トイレへ行く、入浴する、外出する等の本人の身の回りの動作)を指します。

くつ箱への手すりの取り付けは、支給対象となりますか。

 →作り付けのくつ箱への手すりの取り付けは支給対象となりますが、固定されていないものへの取り付けは安全性上の観点から支給対象となりません。固定されていて安全性が確認できることを「住宅改修が必要な理由書」に記載してください。

窓の換気をするためによく2階に行くので階段に手すりをつけたい。

 →換気のためという理由では対象となりません。

段差の解消

屋外にスロープを設置する場合、幅の制限はありますか。

 →車いすの通行に適する幅員を考慮し90cmを想定しており、車いすの大きさや種類により原則1m以内まで対象となります。それ以上についても、特別な理由がある場合に対象となることがありますので、事前に市の担当までご相談ください。

洋式便器等への便器の取替え

和式便器から洗浄機能等が付加された洋式便器への取替えは住宅改修の対象となりますか。

 →暖房便座や洗浄機能等のみを目的として、これらの機能が付加された便座に取り替える工事は、住宅改修の対象となりません。立ち上がりが困難などという理由で、洗浄便器一体型の便器を取り付ける場合は対象となります。

扉の取り替え

浴室の洗い場が狭く、シャワーチェアが置けないので開き戸を折れ戸にしたいのですが対象となりますか。

 →対象となりません。身体の状態の変化が理由で開閉が容易でないという理由があれば対象となります。