ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

和歌山大学学生考案!「ざんぎらず」販売しました♪

現在地 トップページ > 組織でさがす > 経済部 > 観光物産課 > 和歌山大学学生考案!「ざんぎらず」販売しました♪

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2021年11月29日更新
<外部リンク>

ざんぎらず!!?

2020年度に実施した「瀬戸内カレッジ」にて、和歌山大学の学生さんが、新居浜市の観光を盛り上げようと考案した「ざんぎらず」。

「ざんぎらず」は、新居浜市特産品「ざんき」(鶏のからあげ)と にぎらないおにぎり「おにぎらず」を掛け合わせた商品です。

ざんぎらず 生まれる。

JR西日本が毎年、大学・自治体と共に実施するプロジェクト「カレッジ」。

カレッジでは、大学生たちが地域の課題解決策を提案します。

2020年度は瀬戸内エリアを対象に「瀬戸内カレッジ」として実施。和歌山大学と新居浜市がマッチングされました。

新型コロナウイルス感染症拡大の影響を受けながらも、9月には新居浜訪問を行いました。

集合写真

現地実習後、さらに掘り下げを行い、2021年1月15日に開催された成果報告会において、和歌山大学新居浜市チームは、「家族を魅了する新居浜市で見つけた観光遺産」で、「特別賞 旅行会社・自治体特別賞」を見事受賞!!!

「ざんぎらず」は、そこで生まれました。

1枚目 スライド

マイントピア別子が試行錯誤・・・

昨年の提案を受けて、新居浜市の中心観光地であるマイントピア別子が「ざんぎらず」を試作しました。

2021年10月23日~24日に再び新居浜チームから3名が新居浜市に来市。学生が試作品を初めて試食。

味、サイズ、売り方などについて、アイディアを出し合いました。学生さん提案の具材にぴったりの、マイントピア考案のソースも絶品‥・♪仕上がりが楽しみです。

試食 おにぎらず

「ざんぎらず」初登場!!!

2021年11月27日から28日にマイントピア別子に開催された「冬の桜まつり」で「ざんぎらず」を販売しました!!

新居浜チームから2名が販売に来てくれました!!

2日間で準備した260個は完売♪新しい新居浜名物としての一歩をスタートしました。

レポート

定番商品化も目の前・・・!?