ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 国保課 > 高齢受給者証について

高齢受給者証について

高齢受給者証

 70歳になると、所得の状況による自己負担割合を記載した『国民健康保険高齢受給者証』(高齢受給者証)を交付します。医療機関等で診療を受ける際には、国保の被保険者証とあわせて、窓口に提示してください。

1.対象者
  70歳以上74歳以下の方
2.交付時期
  70歳の誕生日を迎えた人には、誕生月の月末までに、高齢受給者証をご自宅まで送付します。
(ただし、1日生まれの方は前月末までに送付されます。)
3.適用日
  適用は誕生月の翌月1日からです。なお、誕生日が1日の人は誕生月からの適用となります。
4.有効期限及び負担割合
  毎年8月1日において、前年の所得に基づき負担割合の更新を行います。この負担割合は翌年7月31日まで適用されることになります。

同一世帯の70~74歳の国保加入者の全員が、市民税課税所得145万円未満の場合。又は、平成27年度以降新たに70歳になる被保険者の世帯で、70~74歳の被保険者の旧ただし書所得(※)の合計額が210万円以下の場合。

 1割 又は 2割

同一世帯の70~74歳の国保加入者の内、市民税課税所得が145万円以上の方がいる場合。(ただし、同一世帯の70~74歳の国保加入者の収入合計額が、1人の場合で383万円未満、2人以上の場合で520万円未満であるとき、申請により、1割又は2割へ引き下げることができます。)

3割

1割負担であるか、2割負担であるかは、生年月日によって区切られています。
  昭和19年4月1日以前の誕生日の方  1割
  昭和19年4月2日以降の誕生日の方  2割
(注)どちらの場合も、3割となる条件は同じです。

※旧ただし書所得とは、総所得金額から、基礎控除額を引いた金額です。


このページのトップへ