ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 国保課 > 出産の費用を病院に直接振り込んでくれる制度があると聞いたのですが、どのような制度ですか?

出産の費用を病院に直接振り込んでくれる制度があると聞いたのですが、どのような制度ですか?

▼質問

出産の費用を病院に直接振り込んでくれる制度があると聞いたのですが、どのような制度ですか?

▼回答

 出産育児一時金直接支払制度は、出産育児一時金として支給される42万円(ただし、産科医療補償制度に加入していない医療機関での出産の場合は39万円。平成27年1月1日以降に出産された場合は40.4万円)を限度に、新居浜市国保(※)から直接医療機関へ支払うことにより、被保険者の一時的な負担を軽減するための制度です。
 この制度を利用すると、出産された方は、支給限度額の42万円(又は39万円。ただし、平成27年1月1日以降に出産された場合は40.4万円)を超えた金額を各医療機関の窓口でご負担していただくようになります。
 もし、医療機関からの請求額が42万円(又は39万円。ただし、平成27年1月1日以降に出産された場合は40.4万円)に満たない場合は、その差額分を新居浜市国保(※)に請求することができますので、必ず申請してください。
 また、この直接支払制度を利用するには、医療機関と被保険者の間で契約を結ぶ必要がありますので、詳しくは出産される予定の医療機関にお問い合わせください。
(※)新居浜市国保以外の保険に加入されている方は、各保険者にお問い合わせください。

このページのトップへ