ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 土地開発公社 > 国道11号新居浜バイパス

国道11号新居浜バイパス

 国道11号は、徳島市を起点とし、四国の北部を瀬戸内海沿いに徳島県、香川県及び愛媛県の主要都市を経て松山市に至る延長約230キロメートルの四国で最も重要な幹線道路です。産業・経済を支える大動脈であるとともに、私たちの日常生活を支える生活道路です。

 しかしながら、近年の自動車交通の激増による慢性的な交通渋滞、交通事故が多発し、日常生活にも支障をきたしています。

 国道11号新居浜バイパス(以下、11号バイパス)は、交通渋滞や交通事故の解消のほか、高速道路と新居浜市街部と連結することによって、新居浜地域の活性化や都市の健全な発展を図る道路として、早期開通が望まれています。

11号バイパスの事業の経緯

 11号バイパスは、新居浜市東田三丁目から新居浜市西喜光地町(楠中央通り)までの延長2.4キロメートルの道路として昭和62年度に事業着手し、現在は新居浜市船木から新居浜市大生院までの総延長9.3キロメートルの事業化がされています。平成20年3月には新居浜市東田三丁目から新居浜市西喜光地町の延長2.4キロメートル区間が完成供用、平成24年2月には新居浜市本郷一丁目から新居浜市萩生の延長2.0キロメートル区間が暫定2車線で供用、平成30年12月に新居浜市萩生から大生院の延長1.5キロメートル区間が完成供用されています。

昭和60年度都市計画決定
昭和62年度事業着手、測量着手
平成2年度用地買収着手、工事着手
平成4年7月0.5キロメートル暫定供用開始
平成10年4月0.5キロメートル暫定供用開始
平成15年2月0.8キロメートル暫定供用開始
平成17年2月新居浜市東田三丁目から新居浜市松原町の延長1.9キロメートル区間の完成四車供用
平成20年3月新居浜市松原町から新居浜市西喜光地町の延長0.5キロメートル区間の完成四車供用
平成24年2月新居浜市本郷一丁目から新居浜市萩生の延長2.0キロメートル区間が暫定2車線で供用
平成30年12月新居浜市萩生から大生院の延長1.5キロメートル区間の完成四車供用

現在の取り組み

 現在、新居浜市土地開発公社では、新居浜市中村松木二丁目以東(中村松木・西喜光地地区)の用地買収に取り組んでいます。

 

11号バイパスはこんな道路になります

11号バイパスのパンフレット(平成20年4月版PDF)を別ウィンドウで開きます。

計画概要

路線名一般国道11号新居浜バイパス
区間新居浜市船木から新居浜市大生院まで
構造・規格第4種第1級
延長9.3キロメートル
標準幅員30メートル、35メートル、40メートル、45メートル
設計速度時速60キロメートル

標準断面図

11号バイパスの標準断面図です

完成供用区間(新居浜市星原町)

市内の完成供用区間の写真です

バイパスが完成すると

  • 交通混雑、交通事故の解消につながります。
  • 歩道が広くなり、歩行者等の安全が確保されます。
  • 平均的なスピードの確保により、エネルギーの節約、環境負荷の軽減になります。
  • 都市間の流通向上によって、生活基盤の充実が図れます。
  • 災害時には防災空間としての役割を果たします。

バイパスが完成すると(PDF)

関係リンク先

国土交通省四国地方整備局のホームページを表示します(外部リンク)<外部リンク>


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ