ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 土地開発公社 > 土地開発公社の役員、理事会、職員

土地開発公社の役員、理事会、職員

役員構成

 土地開発公社の定款により、役員は理事と監事で構成され、理事は13人以内、監事2人で新居浜市長が任命します。任期は2年です。

 また、理事11人のうち、理事長1人、副理事長1人、常任理事1人が理事の互選により選任されます。

 役員構成は以下のとおりです。(令和元年11月1日現在)

理事長寺田政則新居浜市副市長
副理事長鴻上浩宣新居浜市企画部長
常任理事木村和則土地開発公社事務局長兼総務課長
理事近藤司市議会議員
理事藤田幸正市議会議員
理事伊藤優子市議会議員
理事篠原茂市議会議員
理事井谷幸恵市議会議員
理事河内優子市議会議員
理事岡松良二同市総務部長
理事高須賀健二同市建設部長
監事寺村伸治同市代表監査委員
監事和田昌志同市会計管理者

理事会

 理事会は、土地開発公社の事業報告、事業計画、予算、その他必要事項について理事が審議し、決議する場です。

 監事は土地開発公社の業務執行が適正であるか監査を行います。

理事会での議決事項

  • 定款の変更
  • 毎事業年度の予算、事業計画、資金計画
  • 毎事業年度の財産目録、貸借対照表、損益計算書及び事業報告書
  • 規程の制定または改正若しくは廃止
  • その他公社の運営上、理事長が重要と認める事項 など

用語解説

定款とは、会社や公益法人等の目的、組織、活動などに関する根本原則や、それを記載した書類のこと。

 

新居浜市土地開発公社の組織と職員

  新居浜市土地開発公社は総務課、用地課、事業課で構成されています。

 以下の人数は平成31年4月1日現在のものであり、臨時・非常勤職員を含んでいます。また、( )は、兼任の職員数です。

事務局長1名
事務局次長(1名)
総務課2名(3名)
用地課(11名)
事業課(4名)

このページのトップへ