ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

鶏等の家きんを飼育している市民の皆さんへ

現在地 トップページ > 組織でさがす > 経済部 > 農林水産課 > 鶏等の家きんを飼育している市民の皆さんへ

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2020年11月20日更新
<外部リンク>
 現在、香川県(東かがわ市、三豊市)の養鶏場において、高病原性鳥インフルエンザの発生が続いています。

 この病気は、インフルエンザウイルスの感染による家きん(鶏、あひる、うずら、七面鳥、きじ、だちょう、ほろほろ鳥)を含む鳥類の疾病で、鶏、七面鳥などに高い死亡率を示す病気です。症状としては、主に、とさかの出血、顔の腫れ、足の出血などが見られますが、症状もなく、突然死亡率が高くなることがあります。1羽でも家きんを飼われている方は、家きんの観察を十分に行い、家きん舎への部外者の出入りを避け、鶏舎の消毒を行ってください。

 また、家きんを野外には絶対に出さないようにし、家きん舎の網などに破れ目や隙間があれば、早急にふさいでください。急激な死亡羽数の増加などの異常が見られたら、早急に東予家畜保健衛生所、市役所、獣医師に連絡してください。

 なお、鶏卵や鶏肉を食べることにより人に感染することは、世界的にも報告はありません。

 問い合わせ先
 東予家畜保健衛生所 0897-57-9122
 新居浜市農林水産課 0897-65-1262