ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総合政策課 > 電源立地地域対策交付金について

電源立地地域対策交付金について

電源立地地域対策交付金について

電源立地地域対策交付金とは

 電源立地地域対策交付金は、発電用施設の立地地域・周辺地域で行われる公共用施設整備や、住民福祉の向上に役立てる事業に対して交付金を交付することで、発電用施設の設置に係る地元の理解促進等を図ることを目的としています。
 電源立地地域対策交付金は、平成15年10月1日に電源立地促進対策交付金、電源立地特別交付金など、主要な交付金等を統合して創設されました。統合された各交付金の従来の対象事業に加えて、新たに地域活性化事業が交付対象事業に追加され、幅広い事業が実施可能となっています。

電源地域とは

「電源地域」とは、建設準備中・工事中・運転中の発電所などが所在する 市町村とその周辺の市町村のことです。

実施事業の紹介


   別子山地域バス運行事業(平成29年度) [PDFファイル/117KB]    

   別子山地域バス運行事業(平成28年度) [PDFファイル/52KB]

   別子山地域バス運行事業(平成27年度) [PDFファイル/203KB]


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ