ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総合政策課 > 社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

社会保障・税番号制度(マイナンバー制度)

マイナンバー制度とは?

 住民票をお持ちの方に1人1つの個人番号(マイナンバー)を付けることで、社会保障、税、災害対策の分野で、皆さんの情報を適切に把握し、さまざまな場所に存在する情報が同一の情報であることを確認するために導入される制度です。

利用範囲について

 国の行政機関や地方公共団体などで、年金や雇用保険、医療保険の手続き、生活保護、児童手当、その他福祉の給付、確定申告などの税の手続きといった、法律や条例に定められた事務に限り利用されます。

(例)
・児童手当の現況届を提出するときに個人番号を提示。
・厚生年金を受け取る手続きで個人番号を年金事務所に提示。
・勤務先に個人番号を提示し、源泉徴収票などに記載。

導入メリットについて

(1)手続きが簡単になります。
 本人確認や所得確認といった個人情報を把握しやすくなるため、身分証明書や課税証明などの添付資料の省略ができるなど、申請時の負担が軽減できます。

(2)給付漏れの防止等につながります。
 どのような行政サービスを受けているのかといった個人情報を把握しやすくなるため、未支給や不正受給が防止でき、本当に困っている方に対して、きめ細かな支援が行えるようになります。

(3)手続きが正確で早くなります。
 国の行政機関や地方公共団体などで行う複数の事務の間での連携が進むことにより、作業の重複が減り、情報の照合などに要している時間が短縮できます。 

導入スケジュールについて

(1)個人番号通知カードが送付されます。
 平成27年10月に、個人番号をお知らせする個人番号通知カードが送付されます。
 住民票を有するすべての方に送られますので、紛失しないよう、大切に取り扱ってください。

(2)個人番号カードが交付されます。
 平成28年1月から、従来の住民基本台帳カードに代わり、個人番号カードが交付されます(※個人番号通知カードに同封の申請書を返信いただく必要があります。)。
 個人番号カードには、顔写真が掲載されているほか、ICチップが搭載されており、身分証明書やe-Tax等の各種申請で利用できます。

(3)個人番号の利用が開始されます。
 平成28年1月から、法律や条例に定められた事務に限り、個人番号の利用が開始されます。
 行政手続きなどの際に、個人番号を告知する必要があります。

(4)情報連携が開始されます。
 平成29年1月から国の行政機関、平成29年7月から地方公共団体も含めて、個人番号を利用した情報連携が開始されることにより、導入メリットが発生します。

 新たに「マイナンバー総合フリーダイヤル」を開設しました。

マイナンバー制度に関する疑問などに的確にお答えするため、国にコールセンターが設置されておりますので、ご利用ください。
 0120-95-0178(無料)

 ●「通知カード」「個人番号カード」に関することや、その他マイナンバー制度に関するお問合せにお答えします。

 ●音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。

 ●既存のナビダイヤルも継続して設置しております。こちらの音声案内でもフリーダイヤルを紹介しています。

 ・平日9時30分~22時00分 土日祝 9時30分~17時30分 (年末年始12月29日~1月3日を除く)     

  ※ 一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合(有料)

     ・ マイナンバー制度に関すること            050-3816-9405

     ・「通知カード」「個人番号カード」に関すること    050-3818-1250      

  ※ 英語・中国語・韓国語・スペイン語・ポルトガル語対応のフリーダイヤル

      ・ マイナンバー制度に関すること               0120-0178-26

      ・ 「通知カード」「個人番号カード」に関すること     0120-0178-27

       (英語以外の言語については、平日9時30分~20時00分までの対応となります。)

マイナンバーポスター

特定個人情報保護評価について

 マイナンバー制度の導入にあたっては、個人情報の適切な管理が重要となります。
 現在、国の行政機関や地方公共団体などは、それぞれが保有する電算システムなどで厳重に個人情報を管理しておりますが、今後、個人番号を含む個人情報を保有する際には、あらかじめ様々なリスクを分析し、軽減するための適切な対策を実施し、評価書として公表することになっております。(※事務単位で随時公表します。)

Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ