ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 総合政策課 > 離島対策支援事業について

離島対策支援事業について

2005年10月1日より自動車リサイクル法の離島対策支援事業がスタートしました

島民の皆さんおよび関連事業者の皆さんが、市町村の計画した方法で使用済自動車の処理を行った場合、海上輸送費の8割を支援します。

Q:自動車リサイクル法って

A:ゴミを減らし、資源を無駄遣いしないリサイクル型社会を作るために、車のリサイクルについて自動車のメーカーや輸入業者、関連事業者、クルマの所有者(ユーザー)の役割を定めた法律です。

Q:離島対策支援事業って

A:今まで離島の皆さんは、自動車を処分する際に高い海上輸送費を負担されて来ました。
10月1日からは、自動車リサイクル法の離島対策支援事業が、使用済自動車の海上輸送費(船賃)のうち8割を支援します。
具体的には、市町村が定めたルールにより支援事業が運用されます。
(詳しくはこちら)

Q:クルマの所有者の皆さまへ

(1)リサイクル料金のお支払をお願いします。

  • 新車は購入時に。
  • 今お乗りのクルマは、最初の車検時に車検の前に。
  • 車検前に廃車される場合は、廃車時に料金のお支払いが必要です。

(2)廃車する際には、自治体に登録された引取業者に引き渡してください。


このページのトップへ