ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

加入種別・保険料免除制度は次のとおり

現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 市民課 > 加入種別・保険料免除制度は次のとおり

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月1日更新
<外部リンク>

第1号被保険者

第1号被保険者イメージ

自営業・農業などの方とその配偶者、学生、無職の方など

保険料は自分で納めていただきます。

令和3年度保険料

定額 月額 16,610円
付加 月額    400円(申し込んだ月分から納付でき、200円×付加保険料納付月数が付加年金として老齢基礎年金に上乗せされます。)

第2号被保険者

第2号被保険者イメージ

会社員・公務員の方
保険料は給料から天引きされます。

第3号被保険者

第3号被保険者のイメージ

第2号被保険者に扶養されている配偶者の方
保険料は、配偶者が加入している年金制度全体で負担しますが、配偶者の勤務先への届出が必要です。

任意加入者(希望で加入する人)

60歳になるまでに、年金を受けるための資格期間を満たすことができない人は、65歳になるまで加入して不足期間を満たすことができます(昭和40年4月1日以前生まれの人は、70歳まで加入できます。)。また、すでに資格期間を満たしているが年金額を増やしたいという人は、65歳になるまで加入することができます。  


こんなときは届出をしましょう!!

届出先

1.厚生年金などの加入者と結婚し、扶養家族になった。

配偶者の勤務先

2.第3号被保険者の方で、厚生年金などの加入者の扶養家族でなくなった。

市役所

3.本人が会社に就職した。

本人の勤務先

4.第1号被保険者の方で、配偶者が会社に就職し、その扶養家族となった。

配偶者の勤務先

5.本人が会社を退職し、無職または自由業になった。

市役所

6.第3号被保険者の方で、配偶者が会社を退職した。

市役所

7.第3号被保険者の方で、配偶者が会社などを変わった。

配偶者の新しい勤務先

8.第3号被保険者の方で、市外から転入した。

配偶者の勤務先


保険料を納め忘れないために・・・

口座振替をおすすめします。

金融機関で一度手続をすると、毎回自動的に納めることができます。

[口座振替のできる金融機関]

全国の郵便局、都市銀行、地方銀行、農協や漁協、信用組合、労働金庫等

前納すると、お得です。

4月中に、1年間分・2年間分または、4月か10月中に半年分をまとめて納めると割引になります。

国民年金保険料はコンビニエンスストアでも納められます。

口座振替割引制度がお得です。

  1. 保険料を前納されている方は口座振替にするとさらにお得です。
    令和3年度保険料
  2. 2年前納 → 現金払いなら 14,590円の割引
             口座振替なら 15,850円の割引
             クレジットカード納付なら14,590円の割引
  3. 1年前納 → 現金払いなら    3,540円の割引
             口座振替なら  4,180円の割引
             クレジットカード納付なら3,540円の割引  
  4. 6ヶ月前納→ 現金払いなら       810円の割引
             口座振替なら    1,130円の割引
             クレジットカード納付なら810円の割引
  5. 月々の保険料も口座振替による当月末振替にするとお得です。
    月々の保険料を口座振替の当月末引落しで納付すると、月額50円(年額600円)の割引となります

保険料免除制度があります。

同じ保険料を納めていない期間でも、未納のままで放っておいた期間と、免除された期間や学生の納付特例等を受けた期間とでは大きく違います。国民年金係窓口までご相談ください。なお、保険料の免除申請や納付特例等の申請は、前年の所得を基準に審査され、免除申請等が承認されるか否かが決定されます。

保険料免除申請

申請して承認を受けると、1年間保険料が免除されます。原則として毎年、申請が必要です。

  1. 手続
    市役所国民年金係窓口で「国民年金保険料免除申請書」に必要事項を記入してください。
  2. 手続に必要なもの
    ア 年金手帳またはマイナンバー(個人番号)がわかるもの及び身分証
    イ 失業された方の場合は
     ・雇用保険の「雇用保険受給資格者証」または「離職票」等
     ・離職者支援資金の貸付を受けた場合は、「貸付決定通知書」(いずれもコピー可)
  3. 免除の基準
    所得による免除は、4段階(全額免除・3/4免除・半額免除・1/4免除)に分かれ、本人・配偶者及び世帯主各々の前年所得が一定額以下の場合が対象となります。
  4. 免除申請が承認されると
    原則として、承認開始月から、最初に訪れる6月分まで免除されます。
    ※ 免除申請が却下された場合は、さかのぼって、保険料を納付しなければなりません。
    ※ 3/4免除・半額免除・1/4免除が承認された場合は、残りの保険料を納付しないと、保険料未納期間と同じ扱いになります。
    ※ 全額免除が却下され、3/4免除・半額免除・1/4免除が認められた場合は、日本年金機構から残りの保険料の納付書が郵送されますので、納期内にこの保険料を納めてください。

【平成26年4月から】

申請時点の2年1ヵ月前までさかのぼって免除を申請できるようになりました。

法定免除の期間であっても、保険料を通常納付できる「納付申出制度」がはじまりました。

学生納付特例申請

20歳以上の学生(夜間、定時制、通信制課程及び各種学校等の1年以上の課程に在学する学生も対象)で、本人の各種控除後の前年所得が一定額以下の場合が対象となります。

  1. 手続
    市役所国民年金係窓口で「国民年金保険料学生納付特例申請書」に必要事項を記入してください。この手続は毎年必要です。
  2. 手続に必要なもの
    ア 年金手帳またはマイナンバー(個人番号)がわかるもの及び身分証                              イ 在学証明書(申請年度発行分)、または学生証(コピー可、両面必要) 
  3. 学生納付特例申請が承認されると原則として、承認開始月から、年度末(3月)までの保険料納付が猶予されます。

*前年度と同じ学校に在学される方には、日本年金機構より送付されるハガキ形式の申請書により、申請することができるようになりました。この場合、添付資料は必要ありません。

 

【次の方は学生納付特例制度が適用されません】

各種学校の1年未満の課程に在学する学生や、海外の学校の学生の方など

納付猶予申請

20歳以上50歳未満の方を対象に、高所得を持つ親など(世帯主)と同居しているために保険料免除申請が却下されるケースを救済するため、本人と配偶者二人の各々の前年所得が一定額以下の場合、申請すれば対象となります。(平成28年6月分までの申請における対象年齢は20歳以上30歳未満です。)

  1. 手続
    市役所国民年金係窓口で「国民年金保険料免除申請書(納付猶予)」に必要事項を記入してください。
  2. 手続に必要なもの
    保険料免除申請の場合と同様です。ただし、世帯主の方に関するものは必要ありません。
  3. 納付猶予申請が承認されると
    原則として承認開始月から最初に訪れる6月分までの保険料納付が猶予されます。

産前産後期間の免除申請

平成31年4月より、産前産後期間の国民年金保険料が免除となりました。対象者は国民年金第1号被保険者で、平成31年2月以降に出産された方です。免除期間は、出産月の前月から4か月間です。ただし多胎妊娠(双子以上)の場合は、出産月の3か月前から6か月間です。

  1. 手続
    市役所国民年金係窓口で「国民年金被保険者関係届書」に必要事項を記入してください。
  2. 手続に必要なもの
    ア  年金手帳またはマイナンバー(個人番号)がわかるもの及び身分証
    イ 出産前に届出する場合は母子健康手帳(出産後に届出する場合は出産日は市で確認できるため原則不要。
       ただし、被保険者と子が別世帯の場合は出生証明書などの出産日及び親子関係を明らかにする書類
  3. 産前産後免除期間の取り扱い 
    免除期間は、将来受給する老齢基礎年金の金額計算上、保険料を納付した期間と同等の取り扱いをされます。
  4. 関連情報
    日本年金機構ホームページ(産前産後期間の免除制度)(外部リンク)<外部リンク>                                                                    

免除された期間の扱いは次のようになります。

 受給資格期間年金額の計算追納

全額免除

入ります。2分の1が反映されます。 (*)

10年以内なら納めることができます(3年度目以降は当時の保険料額に一定の加算額が上乗せされます。)。

3/4免除

保険料の4分の1を納めると入ります。左記保険料を納めると8分の5が反映されます。 (*)

10年以内なら納めることができます(3年度目以降は当時の保険料額に一定の加算額が上乗せされます。)。

半額免除

保険料の半額を納めると入ります。

左記保険料を納めると4分の3が反映されます。 (*)

10年以内なら納めることができます(3年度目以降は当時の保険料額に一定の加算額が上乗せされます。)。

1/4免除

保険料の4分の3を納めると入ります。

左記保険料を納めると8分の7が反映されます。 (*)

10年以内なら納めることができます(3年度目以降は当時の保険料額に一定の加算額が上乗せされます。)。

学生納付特例

納付猶予

入ります。反映されません。

10年以内なら納めることができます(3年度目以降は当時の保険料額に一定の加算額が上乗せされます。)。

 

  産前産後

 

入ります。全額が反映されます。

未納

入りません。反映されません。

2年を過ぎると納めることができません。

*国民年金保険料の免除にかかる年金額の計算割合は、平成21年4月分から引き上げられました。