ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

補償について

土地の補償 (土地代金)

土地の単価は、近隣の正常な売買価格、地価公示・地価調査価格、不動産鑑定士による鑑定価格などをもとに、面積や形状等を考慮し、適正な土地価格を算出します。 
原則として、地目については現況により、地積については実測により算出します。

建物の補償

建物の配置、種類、構造、敷地の状況等から判断して、妥当と思われる移転工法を決定し、移転に必要な費用を基に、経過年数を考慮して補償を行います。 (新築する費用を補償するものではありません)

その他の補償

工作物

移設可能なものについては、移設に要する費用を、移設できないものまたは新設することが合理的なものについては、再築費を基に経過年数等に応じてその費用を補償します。

立竹木

庭木などで移植に適するものは、移植に要する費用を、移植に適さないものは、伐採による損失等を補償します。

動産

荷造りや運搬に必要な費用を補償します。

その他

仮住居の補償、移転雑費の補償、借家人に対する補償、営業補償、残地補償等、必要に応じて補償します。


このページのトップへ