ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 別子銅山文化遺産課 > 旧山根製錬所煙突の調査結果

旧山根製錬所煙突の調査結果

平成21年度に「旧山根製錬所煙突」(えんとつ山の煙突)の調査を行ったところ次のようなことがわかりました。

  1. 煙突の高さは、これまで言われていた約18メートルではなく、20.145メートルありました。
  2. 煙突底面の寸法は、2595×2600ミリメートル、煙突最上部の寸法は、1920×1820ミリメートルの角形です。
  3. 煉瓦煙突下には、基礎がない。(地中に埋まってなく、自重で建っている。
  4. 煉瓦組積の目地強度としては保存状態が良い。

 

旧山根製錬所煙突の写真です

調査結果の詳細については、別子銅山文化遺産課にお尋ねください。
調査結果を受け、平成22年度に「旧山根製錬所煙突補強工事」を実施する予定です。


このページのトップへ