ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

旧端出場水力発電所耐震補強等工事現場を特別公開しました

現在地 トップページ > 組織でさがす > 企画部 > 別子銅山文化遺産課 > 旧端出場水力発電所耐震補強等工事現場を特別公開しました

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2020年12月4日更新
<外部リンク>

参加状況

令和2年11月26日(木曜日)、近代化遺産全国一斉公開2020事業の一環で、国の登録有形文化財である旧端出場水力発電所の耐震補強等工事現場(限定エリア)を特別公開しました。

事前申し込みいただいた方等を対象に計4回実施し、当日は87人の方にご参加いただきました。

当日は天候も良く、参加者は、市の担当職員からの解説(建物等の歴史的価値や保存修理工事の進みぐあい等)を熱心に聞き入りながら、限定公開された建物内外や周辺の景色をカメラにおさめていました。

 

📷参加状況様子
建物等の歴史的価値解説(仮設構台)建物等の歴史的価値解説(仮設構台)
建物内部耐震補強工事建物内部耐震補強工事
建物内部耐震補強工事(アラミドロッド)建物外部(北面)
参加者男女比率(%)
男性女性
67%33%
参加者年齢層比率(%)
20代30代40代50代60代70代以上
1%7%17%16%31%28%

 

 

工事後の完成イメージ

〖工事後の完成イメージ〗

★一般公開活用は、令和4年度以降を予定しています。