ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 別子銅山文化遺産課 > 新たな登録有形文化財    (3) 旧泉寿亭特別室

新たな登録有形文化財    (3) 旧泉寿亭特別室

 昭和12年(1937年)12月に、現在の別子銅山記念図書館がある場所に、宿泊施設として「泉寿亭」は建築された。「泉寿亭」という名前は、住友家の屋号である泉屋を寿ぐという意味である。
 平成3年(1991年)、宿泊施設としての役目を終えた泉寿亭の賓客用玄関と特別室の1室が、「マイントピア別子」の中に移築された。
 特別室は、賓客のみが宿泊を許された部屋であり、上品な落ち着きを残す空間を今も与え続けている。
 入口には、今治市の高名な書家、織田子青の筆による「別館 泉寿亭」の看板が掲げられている。

旧泉寿亭特別室の写真です


このページのトップへ