ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

新型コロナウイルス感染症に係る家庭ごみの出し方について

現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 廃棄物対策課 > 新型コロナウイルス感染症に係る家庭ごみの出し方について

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2022年2月25日更新
<外部リンク>
 新型コロナウイルスに感染された方や感染が疑われる方がご家庭にいらっしゃる場合に家庭ごみをごみステーションへ出す際は、次のことに気を付けてください。

燃やすごみの出し方

・ごみ袋はいっぱいに詰めずに少し余裕をもった状態で、しっかりしばって封をしてください。

・ごみ袋の空気を抜いてください。

・使用済みのマスクやティッシュなどを捨てる際は,ビニール袋に入れて密封したあと,燃えるごみの袋に入れて出してください。

・市販されているPCR検査、抗原検査及び抗体検査が可能な検査キット(プラスチックが主材料で針のないもの)は燃やすごみとして収集しますが、使用後にビニール袋などに入れ、1週間程度、家庭で保管した後に燃やすごみとして出してください。 

不燃ごみ、プラスチック製容器包装、びん・缶、ペットボトル、古紙類、布類、有害ごみの出し方

・物の表面に付着したウイルスは感染する力がなくなるとされる期間が3日程度であることや、資源ごみの収集頻度を踏まえて、1週間程度、家庭で保管した後に出してください。

大型ごみの出し方

・大型ごみの戸別収集については、1週間程度、家庭で保管した後に収集日となるようにお申し込みをお願いいたします。すでに戸別収集をお申し込みしていただいた後に、感染や感染の疑いが判明した場合は、廃棄物対策課までご相談ください。

ごみの収集作業をする人への感染リスク軽減の為にもご協力よろしくお願いいたします。