ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

食品ロス削減のため3010運動に取り組もう!!

現在地 トップページ > 組織でさがす > 市民環境部 > 廃棄物対策課 > 食品ロス削減のため3010運動に取り組もう!!

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2022年4月2日更新
<外部リンク>
表題

食品ロスとは?

食品ロスとは、捨てられている食べもののうち、まだ食べることができるのに捨てられている食べもののことです。

日本では、年間約2800万トンの食べものが捨てられていますが、そのうち「食品ロス」の量は約640万トンと言われています。

まだ食べることができるのに約640万トンもの食べものが捨てられています。つまり、日本では毎日一人につきお茶碗約1杯分の食べもののを捨て続けていることになります。

3010運動とは?

宴会や会食時の食べ残しを減らすために、初めの30分間と終わりの10分間は出された料理をしっかり食べることを呼び掛け、皆でおいしく食べて食品ロスを削減するものです。

次の「宴会5箇条」を覚えて、食品ロスを削減しましょう。

 

宴会をおいしく楽しむ 宴会五箇条

1 適量注文
人数やメンバー、メニューをよく見て、食べきれる量を注文しましょう。

2 声かけ
幹事さんから「おいしく、残さず、食べきろう!」の一言で宴会スタート!

3 味わいタイム
楽しい宴会中にお料理を味わう時間を作ろう!
3010運動→乾杯後の30分、お開き前の10分は料理をしっかり食べること。

4 シェア(分け合う)
食べきれない料理は、仲間で分け合おう!

5 残さず食べきり
きれいなお皿(食べ残しなし)をみんなでチェック!

 

 

啓発グッズ

啓発グッズとして、机の上などに置いて使用する卓上popを作成しました。印刷して組み立ててご利用ください。
啓発グッズ作り方

関連情報

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)