ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ

創業支援について(補助メニューのご案内)

現在地 トップページ > 組織でさがす > 経済部 > 産業振興課 > 創業支援について(補助メニューのご案内)

本文

印刷用ページを表示する 更新日:2021年4月1日更新
<外部リンク>

新居浜市で創業しようとする方を応援します!

 新居浜市では、平成26年1月に施行された産業競争力強化法に基づき、地域における創業の促進を目的として「創業支援事業計画」を策定し、平成27年5月に国からの認定(第5回)を受けております。
 この計画を円滑に推進し、新居浜市における開業率を向上させるため、創業に必要な経費の一部を助成する「創業支援補助金」制度を創設し、一般の創業者はもちろん、女性創業者や県外からの転入創業者は特に手厚く支援します。

新居浜市創業支援補助金について

補助金交付対象者

  市内に事業所を有する銀行等から創業に係る融資を受けた中小企業者であり、市内で新たに事業を開始した方であって、次の要件に該当する方。

  1. 市内に住所を有する個人または市内に本店を有する法人であること。
  2. 市税を完納していること。
  3. 市内に事業所等を設置し、または設置しようとしていること。ただし、仮設または臨時の店舗その他その設置が恒常的でないものを除く。
  4. この補助金または国等の創業支援に関する補助金の交付を受けていないこと、または受ける予定がないこと。
  5. 他の者が行っていた事業を継承して行う事業ではないこと。
  6. フランチャイズ契約またはこれに類する契約に基づく事業ではないこと。
  7. 代表者が女性であること。(女性創業支援事業の場合のみ
  8. 県外から転入し、創業の日が転入日から12月以内であること。(転入者創業支援事業の場合のみ

補助対象経費等 

事業区分(補助率、限度額)

補助対象経費

内 容

(1)創業支援事業

 補助率 1/2、限度額 30万円

 

(2)女性創業支援事業

 補助率 1/2、限度額 50万円

 

(3)転入者創業支援事業

 補助率 1/2、限度額 100万円

事業拠点費

事業所等の家賃(敷金及び礼金は除く)及び不動産購入費

設備費

事業所等の改造、改装等に要する経費及び建物と一体となって機能する設備費

機械器具費

パソコン、プリンタ、ファクシミリ、コピー機、エアコン、業務用冷蔵庫、作業機械、車両等の機器、備品類等(中古品は対象外、備品は単価3万円以上の物)の購入費

広告宣伝費

ホームページ、新聞及び雑誌広告、テレビ及びラジオCM、パンフレット、チラシ作製等に要する経費

申請手数料等

官公庁への申請書類作成等に係る経費

生活拠点費

住居の家賃(敷金及び礼金は除く)及び不動産購入費

移転料

転入者創業のために必要な転居費用(同居する家族の転居費用を含む)

 ※「生活拠点費」「移転料」が補助対象経費になるのは、転入者創業支援事業補助金のみ。

申請時における留意事項

  1. 新居浜市創業支援補助金は、予算の範囲内での交付となるため、申請前にお問い合わせください。
  2. 申請期限は、創業の日から1年以内となります。ただし、補助対象経費は、創業の日を含む前後180日以内です。

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)