ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民課 > 外国人住民の方についても住基ネットの運用が開始されます(平成25年7月8日~)

外国人住民の方についても住基ネットの運用が開始されます(平成25年7月8日~)

 「住民基本台帳の一部を改正する法律」により、住民票に記載されている外国人住民の方についても、日本人と同様に住民基本台帳ネットワークシステム(住基ネット)の運用が平成25年7月8日から開始されます。それに伴い、次の点が変更となります。

住民票に住民票コードが記載されます

 住基ネットの運用開始に伴い、外国人住民の方の住民票に住民票コードが記載されます(転出予定となっている場合を除く。)。住民票コードは、全国を通じて重複しない唯一無二の、無作為の11桁の番号で、住基ネットにおいて全国共通の本人確認を行うにあたって不可欠なものです。

 記載されました住民票コードは、「住民票コード通知票」により平成25年7月8日以降通知いたします。この通知により必要となるお手続はございませんが、本通知票は大切に保管してください。

受けられるようになるサービスの例

  • 一部の行政機関で住民票の写しの提出が省略できるなど、手続が簡略化されます。
  • 新居浜市以外の市区町村でも、住民票の写しの交付を受けられます(住民票の広域交付)。※在留カード等の「公的な顔写真付き身分証明書」の提示が必要です。

  • 住基カードまたはマイナンバーカード(個人番号カード)の交付を受けている方は、転入届の特例が受けられます。

  • マイナンバーカード(個人番号カード)に格納されている電子証明書を利用し、確定申告に係る電子申告(e-Tax)等のインターネット申請ができるようになります


このページのトップへ