ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民課 > パスポート申請・交付についての注意事項

パスポート申請・交付についての注意事項

有効期間内の申請

 ● 有効期間のあるパスポートを持っている 

  → 氏名・本籍地都道府県名・性別に変更がない

   ・ 残り有効期間が1年未満 → 新規(切替)申請

  → 氏名・本籍地都道府県名・性別に変更がある

   ・ 有効期間が10年または5年のパスポートを申請する → 新規(訂正)申請
   ・ 現在のパスポートと残存有効期間が同一の新しいパスポートを申請する → 記載事項変更申請

  → 査証(ビザ)欄の増補を希望する → 増補申請

 ● 有効期間のあるパスポートを紛失・盗難・焼失した → 紛失等届出

   
※「訂正申請」制度は、平成26年3月19日で廃止され、平成26年3月20日から元のパスポートの有効期限を引き継いで新たな旅券を発行する「記載事項変更旅券制度」となりました。

増補申請は、旅券1冊につき1回限りです。

※有効期間のある旅券を紛失・盗難・焼失した場合は、市民課旅券窓口までお問い合わせください。

未成年者または成年被後見人の申請

 未成年者(20歳未満)または成年被後見人については、新規発給申請や紛失等の届出をする場合、法定代理人の同意が必要です。

  • 申請書裏面の「法定代理人署名欄」に法定代理人(親権者(父または母)または後見人)が、自署してください。なお、親権者のどちらかが外国籍の場合は、日本国籍をお持ちの親権者の署名をお願いします。
  • 法定代理人確認が困難な場合は、確認のための書類が必要となることがありますので、窓口にご相談ください。

代理申請

 本人申請に必要な書類のほかに、次の点にご注意ください。

  • 申請書はあらかじめ本人が記入してください。「申請書類等提出委任申出書」(申請書裏面下部)の記入も必要となりますのでご注意ください。
  • 申請者(本人)と代理人それぞれの本人確認書類(原本)が必要です。
  • 有効期間のあるパスポートを紛失・盗難・焼失した人の届出、居所申請(下記参照)は、本人届出、本人申請に限ります。

 記入方法は、パスポートの申請に必要な書類ページ内の「一般旅券発給申請書の記入方法(PDF)」をご確認ください。

外国名での申請

 外国人との婚姻や二重国籍等により、ヘボン式ローマ字以外の氏名表記を希望される方は、疎明資料が必要となる場合があります。
 事前に窓口へお問合せください。

居所申請

 パスポートの申請は、住民登録地で行うことが原則ですが、例外的に居所地の旅券窓口で申請(居所申請)できる場合があります。

 居所申請の対象者は、一時帰国者、船員、学生・生徒、長期出張・単身赴任者等です。

 居所申請を希望される方は、事前に旅券窓口にご相談のうえ、必ず本人が申請にお越しください。

 ※詳細は、愛媛県ホームページ(居所申請について)<外部リンク>をご覧ください。


このページのトップへ