ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 保健センター > 子宮頸がん予防接種は積極的な勧奨を差し控えています

子宮頸がん予防接種は積極的な勧奨を差し控えています

【子宮頸がん予防接種の積極的な接種勧奨の差し控えについて】

 平成25年6月14日に厚生労働省より、子宮頸がん(ヒトパピローマウィルス感染症)予防接種の積極的な接種勧奨の差し控えについて勧告がありました。

 子宮頸がん予防接種については、予防接種法に基づいて実施されているものですが、ワクチン接種後に持続的な痛み等を訴える副反応の報告があったことから、副反応の発生頻度等がより明らかになり適切な情報提供ができるまでの間、積極的な接種勧奨を差し控えることになりました。

 定期接種が中止されたものではありませんので、接種を受けるかどうかは、ワクチンの有効性と副反応等のリスクについて十分に理解した上で、ご判断いただくようお願いします。

【子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種後の痛みの診療について】

 子宮頸がん予防ワクチン接種後の副反応(主として痛み、しびれ、脱力など)について、被接種者とそのご家族に対して適切な医療を提供するための診療体制が整いましたので、「子宮頸がん予防ワクチン(HPVワクチン)接種後の痛みの診療について」が公表されました。

 詳細は、厚生労働省のホームページをご参照ください。

厚生労働省ホームページ<外部リンク>

このページのトップへ