ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 国保課 > 国保の給付について

国保の給付について

療養費入院時食事療養費訪問看護療養費出産育児一時金
移送費葬祭費柔道整復師の施術を受けるときはりきゅう
交通事故にあった場合

療養の給付

 病気やけがをしたとき、保険診療分の費用に給付割合<表1>を乗じた額を国民健康保険(以下国保)が負担します。

<表1>
義務教育就学前8割
義務教育就学以上70歳未満7割
70歳以上75歳未満7割から9割
このページの先頭に戻る

療養費

 (1)やむをえない事情で被保険者証を使わずに医療機関へかかったときや、(2)療養の給付を受けられないコルセットなどの補装具代を支払ったとき、(3)海外旅行中に診療を受けたときは、かかった費用について国保課や国民健康保険審査団体が審査し、決定した額に給付割合<表1>を乗じた額を支給します。
【手続きに必要なもの】
被保険者証、領収書、印かん(シャチハタ不可)、世帯主の口座番号が分かるもの、(1)の場合は診療報酬明細書、(2)の場合は医師の意見書、(3)の場合はこちらでご確認下さい

※その他本人確認及びマイナンバー(個人番号)確認できるものが必要です。詳しくはこちらでご確認下さい。<外部リンク>

このページの先頭に戻る


入院時食事療養費

 入院時の食事代は他の医療費とは別枠で定額自己負担となっています。残りは国保が負担します。
入院時の食事代の負担額は次のとおりです。
 
一般(市民税課税世帯)

28年度~ 1食 360円
30年度~ 1食 460円

 

市民税非課税世帯

90日以内の入院
(過去12ヶ月の入院日数)

1食 210円

90日を超える入院
(過去12ヶ月の入院日数)

1食 160円

70歳以上の人で一定基準の所得に満たない人(低所得1)

1食 100円

 ※指定難病患者、小児慢性特定疾病患者については、負担額は据え置き。
 ※経過措置として、平成28年4月1日において、既に1年を超えて精神病院に入院されている方の負担額は当分の間据え置きとなります。
―減額認定について―
注意!非課税世帯の人は減額認定証を医療機関に提示しないと一般の人と同じ負担となり、減額されませんのでご注意ください。
減額認定証の交付申請に必要なものは次のとおりです。
(1)市民税非課税世帯の場合
被保険者証
(2)市民税非課税世帯で90日を超える入院の場合
被保険者証、減額認定証、入院期間の確認できる書類(領収書など)
(3)70歳以上の人で一定基準の所得に満たない人(低所得1)
被保険者証、高齢受給者証

※その他本人確認及びマイナンバー(個人番号)確認できるものが必要です。詳しくはこちらでご確認下さい。<外部リンク>

このページの先頭に戻る


訪問看護療養費

 居宅において医療を受ける必要があると医師が認め、指定訪問看護事業者に指示した時、保険給付分の費用に給付割合<表1>を乗じた額を国保が負担します。
このページの先頭に戻る

出産育児一時金

 被保険者が分娩した時、出産児一人につき下記支給額が、世帯主の方に対して出産育児一時金として支給されます。
 ■ 平成21年10月1日以降に分娩した場合、42万円

  (産科医療補償制度に加入していない場合は、39万円。ただし、平成27年1月1日以降に出産した場合は40万4千円)

<注意!>他の健康保険から、出産育児一時金が受けられる場合は、支給されません。 


出産育児一時金の直接支払制度について

 平成21年10月1日以降の分娩から、出産育児一時金の医療機関等への直接支払制度が始まります。これは、42万円(産科医療補償制度に加入していない場合は39万円。ただし、平成27年1月1日以降に出産した場合は40万4千円)を限度に、新居浜市国保から直接医療機関等へ支払うことにより、被保険者の一時的な負担を軽減するための制度です。
 この制度を利用するためには、医療機関等との契約が必要になりますので、利用方法等については、医療機関等にお問い合わせください。

 直接支払制度を利用し、出産費用が出産育児一時金の限度額に満たない場合は、差額が新居浜市国保から支給されます。下記のものを持参の上、国保課(8)番窓口まで申請してください。

【手続きに必要なもの】
世帯主の被保険者証、世帯主の印かん(シャチハタ不可)、口座振込を希望される場合は、世帯主の口座番号の分かるもの、医療機関等から交付された領収明細書、直接支払制度の合意文書

このページの先頭に戻る


移送費

 負傷、疾病などにより移動が困難な患者が医師の指示により一時的、緊急的な必要があって移送されたとき、かかった費用について国保課や、国民健康保険審査団体で審査し、かかった移送費を支給します。
【手続きに必要なもの】
被保険者証、領収書、医師の意見書(移送の必要性について明示されていること)、世帯主の口座番号が分かるもの、印かん(シャチハタ不可)

※その他本人確認及びマイナンバー(個人番号)確認できるものが必要です。詳しくはこちらでご確認下さい。<外部リンク>

このページの先頭に戻る

葬祭費

 被保険者が亡くなられたとき、20,000円を支給します。
※ただし、平成20年3月31日以前の死亡については、10,000円となります。
【手続きに必要なもの】
被保険者証(高齢受給者証)、喪主の口座番号が分かるもの、喪主の印かん(シャチハタ不可)
このページの先頭に戻る

柔道整復師の施術を受けるとき   <別紙のとおり >

※その他本人確認及びマイナンバー(個人番号)確認できるものが必要です。詳しくはこちらでご確認下さい。<外部リンク>

このページの先頭に戻る


はり・きゅう

 市が指定する施術担当者に被保険者証を提示すれば、はり術及びきゅう術1術の場合は1,400円、はり・きゅう両方の2術の場合は1,500円のうち7割を国保が負担します。

    【鍼灸師の施術を受けるとき】   <別紙のとおり>

※その他本人確認及びマイナンバー(個人番号)確認できるものが必要です。詳しくはこちらでご確認下さい。<外部リンク>

このページの先頭に戻る

 

交通事故にあった場合

 交通事故で、第三者(加害者)から傷害を受けた場合、その医療費は被害者に過失がないかぎり加害者が全額負担するのが原則です。 しかし、加害者がすぐに損害賠償をしてくれない場合などは、国保を使ってお医者さんにかかることができます。
このように、国保を利用して医療を受けたときは、加害者が負担すべき医療費を国保が一時的に立て替えて支払い、あとで、国保が被害者の代わりに加害者に請求することになります。
 万が一、交通事故にあった場合は、すぐに警察に届け出るとともに、国保課にも届け出をしてください。なお、届け出の前に示談を結んでしまうと、その取り決めが優先し、加害者に医療費を請求できなくなることがあります。
1.警察に届け出る
交通事故にあったら、すみやかに警察に届け出て、「交通事故証明書」を発行してもらいます。
2.国保の窓口へ届け出る
国保の窓口へ「第三者行為による傷病届」を提出してください。用紙は、国保課の窓口にあります。

【届出に必要なもの】
被保険者証、交通事故証明書、印かん(シャチハタ不可)

※その他本人確認及びマイナンバー(個人番号)確認できるものが必要です。詳しくはこちらでご確認下さい。<外部リンク>

このページの先頭に戻る

国民健康保険一部負担金の減免等について

■制度の内容

 自然災害などの特別な理由により一時的に生活が苦しくなり、医療費の支払いが困難になったことが申請により認められる場合、病院の窓口での一部負担金(保険医療機関で支払う医療費の自己負担額)を免除、減額または徴収を猶予する制度です。

■対象となる世帯

 一部負担金の支払または納付の義務を負う世帯主またはその世帯に属する被保険者が、次の特別な理由(1)~(4)のいずれかに該当し、資産等の活用を図ってもなお、その生活が著しく困難である世帯。

 〔特別な理由〕

 (1)震災、風水害、火災その他これに類する災害により死亡し、障がい者となり、又     
    は資産に重大な損害を受けたとき。
 (2)干ばつ、冷害、凍霜害等による農作物の不作、不漁その他これに類する理由に     
    より収入が減少したとき。
 (3)事業または業務の休廃止、失業等により収入が著しく減少したとき。
 (4)上記(1)~(3)に掲げる事由に類する事由があったとき。

  ただし、上記(1)~(4)のいずれかに該当しても、次のいずれかに該当する場合は減免等の対象となりません。

 (1)入院療養を受ける被保険者の属する世帯でないとき。
 (2)納期が到来した国民健康保険料を完納していないとき。
 (3)利用し得る資産、能力その他あらゆるものを活用していないとき。
 (4)生活保護法の適用を受けられるとき。

■減免等の期間

 免除 ・ 減額・・・最大3箇月(申請した月から1箇月単位で更新する)
            ※減免等の期間中であっても、毎月状況を確認し、必要と認める場
              合のみ減免等を行う。
 徴収の猶予・・・ 6箇月(12箇月間において3箇月分以内の一部負担金つき)
                          ※6箇月を限度とした期間内に当該徴収を猶予した一部負担金の
                             徴収が可能と見込まれる場合に限る。

■申請の方法

 減免等を受けようとする世帯主は、あらかじめ申請する必要があり、申請には次のものが必要です。
 (1)保険証及び世帯主の印鑑
 (2)一部負担金減免等申請書
 (3)同意書
 (4)世帯状況申告書
 (5)収入を証明できるもの(給与証明書等)
 (6)医師の意見書
 (7)預貯金等の資産を確認できるもの(通帳等)
 (8)その他申告理由を証明する資料
※ご家族全員の収入状況や預貯金等の資産保有状況等の調査をさせていただくた
 め、申請から減免等の可否決定まで一定の時間がかかります。減免等を決定した
 ときは、証明書を交付しますので、保険証と併せて保険医療機関に提出してくださ
 い。
※その他本人確認及びマイナンバー(個人番号)確認できるものが必要です。詳しくはこちらでご確認下さい。<外部リンク>

■お問い合わせ

   新居浜市福祉部国保課(給付係)  Tel 0897‐65‐1230

Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ