ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 組織で探す > 市民課 > マイナンバーカード(個人番号カード)の申請・交付について

マイナンバーカード(個人番号カード)の申請・交付について

マイナンバーカード(個人番号カード)は、平成28年1月より希望された方に交付される、顔写真が入ったプラスチック製のICカードです。

マイナンバーカードの交付申請は、任意です。

カードの受け取りをご案内する「個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書」(交付通知書・はがき)をお送りするまでに、約1ヶ月半ほどかかります。(不備がある場合を除きます。)
お渡しする用意ができましたら、交付通知書(はがき)をお送りしますので、恐れ入りますが、それまでの間お待ちください。

通知カードとマイナンバーカードを同時に所有することはできません。
また、住民基本台帳カードとマイナンバーカードを同時に所有することはできません。
通知カード、住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)は、マイナンバーカードの交付の際に回収しますので、必ずお持ちください。

マイナンバーカード(個人番号カード)とは

マイナンバーカード(個人番号カード)表面
マイナンバーカード表面
マイナンバーカード(個人番号カード)裏面
マイナンバーカード裏面
顔写真が表示されたICチップ付きのプラスチック製カードです。
表面には、氏名、住所、生年月日、性別、裏面にはマイナンバーが記載され、本人確認のための公的な身分証明書として利用できます。
e-Taxなど電子証明書を利用した電子申請を行えます。
有効期限は、発行日時点で20歳以上の方は、発行日から10回目の誕生日まで、20歳未満の方は発行日から5回目の誕生日までです。
初回発行手数料は無料です。

申請する前の注意

●平成27年10月5日以降に住所や氏名等の変更がある方
●通知カードの再発行を行った方

通知カードと一緒に同封された「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書(以下、申請書)」には、あらかじめ住所や氏名等が印字されていますが、これらの内容(申請書に「*」(アスタリスク)の付いた項目)に変更があった場合は、記載されている申請書ID及びQRコードを含め、その申請書を使用することはできません。

通知カードの再発行をおこなった場合、再発行の通知カードに同封された申請書の氏名・住所等欄内には「*」が印字されています。この申請書で申請することはできません。

マイナンバーカードの交付申請を希望する方は、市民課で新しい申請書IDが入った申請書をお受取りになるか、下記の「手書き用個人番号カード交付申請書」をご使用ください。
手書き用個人番号カード交付申請書は、市民課、上部・川東・別子山支所で配布しています。

パソコンやスマートフォンで申請を行う場合は、申請書IDが必ず必要です。
本人確認書類をお持ちのうえ、市民課窓口で「申請書ID入り個人番号カード交付申請書」をお受取りください。
(上部・川東・別子山支所では配布できません。)

まちなかの証明用写真機からの申請を行うことはできません。郵送、パソコンやスマートフォンでの申請で行う必要がありますので、上記の方法により申請書を入手してください。

新居浜市では現在、マイナンバーカードを利用して、住民票、印鑑登録証明書、戸籍などの各種証明書をコンビニ等で取得するサービスは提供しておりません。

※本籍が新居浜市以外の方で、本籍地の市区町村が戸籍証明書のコンビニ交付サービスを提供している場合は、戸籍証明書のコンビニ取得が可能です。
  事前に利用登録申請が必要ですので、本籍地の市区町村へお問い合わせください。

申請方法

マイナンバーカードの申請は、以下の方法があります。

・郵送申請
・スマートフォン、パソコンを利用したWeb申請
・まちなかの証明用写真機からの申請(対応機種のみ)

郵送申請

「通知カード」から「個人番号カード交付申請書兼電子証明書発行申請書(以下、申請書)」を切り離し、顔写真(縦45ミリ、横35ミリで、正面、無帽、無背景、6か月以内に撮影したものであること。顔写真の裏面には氏名、生年月日を記入してください。)を貼り、署名押印のうえ、通知カードに同封された返信用封筒で送付してください。

(注意1)申請書に記載された氏名、住所等、申請書上「*」(アスタリスク)の付いた項目に変更がある場合、お持ちの申請書は使用できません。転入・転居等手続の際に窓口でお受けとりになった交付申請書、または「手書き交付申請書」 をご使用ください。 以下の申請Webサイトにアクセスしてダウンロードすることもできます。

(注意2)通知カードと一緒にお届けした送付用封筒(返信用封筒)については、差出有効期間が平成29年10月4日になっている場合でも、令和4年5月31日まで切手を貼らずにそのまま使用できます。

通知カードに同封されている返信用封筒以外の封筒でも郵送いただけます。封筒が無い場合は、封筒作成の材料をダウンロードできますのでご利用ください。

  【あて先】
   〒219-8650
    日本郵便株式会社 川崎東郵便局 郵便私書箱第2号
    地方公共団体情報システム機構 個人番号カード交付申請書受付センター

スマートフォン、パソコンを利用したWeb申請

1 スマートフォンやデジタルカメラで顔写真を撮影します。
2 申請用Webサイトにアクセスし、必要事項を入力のうえ、上記1で撮影した顔写真を添付して送信します。
(注意1)申請書に記載の申請書ID(半角数字23桁)の入力誤り、申請者とは違う顔写真の登録をされますと、個人番号カードの発行・交付ができませんのでご注意ください。

(注意2)申請書に印字されている住所や氏名等を変更した方は、新たな申請書IDが入った申請書を市民課窓口で受けとり、その記載された申請書ID(23桁の数字)を「パソコン」または「スマートフォン」より直接入力してください。
変更前の申請書IDを決して入力しないでください。

まちなかの証明用写真機からの申請

マイナンバーカード申請に対応しているまちなかの証明用写真機で申請ができます。
市役所東入口側の写真機も対応しています。

1 タッチパネルから「個人番号カード申請」を選択し、撮影用のお金を入れて、交付申請書のQRコードをバーコードリーダーにかざします。
2 顔写真を撮影し、画面で内容を確認の上、申請送信
3 申請確認プリントを受け取り完了

(注意1)通知カードに同封されている「個人番号カード交付申請書」(QRコード)が必要になります。

(注意2)申請書に印字されている氏名や住所等(申請書に「*」(アスタリスク)の付いた項目)に変更があった場合は、この方法での申請はできません。

受け取り方法

マイナンバーカードをお渡しする準備ができた方から、順次、個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書(交付通知書・はがき)
を送付します。
個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書」(交付通知書・はがき)が届いたら、裏面の内容をよく読み、以下の書類をお持ちいただき、市役所1階市民課まで、本人がお越しください。
※本人が15歳未満の方や成年被後見人の場合は、親権者や後見人が、本人と一緒に受け取りに来てください。

必要書類の確認、本人確認、暗証番号の設定の後、カードをお渡しします。

※持ってくる物や注意事項は、通知カード送付時に同封している「マイナンバー(個人番号)のお知らせ・個人番号カード交付申請のご案内」パンフレットの最後(7頁)に記載しています。

必要書類

1 個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書(交付通知書・はがき)

2 マイナンバー通知カード

3 本人確認書類(原本に限ります)(以下をご参照ください)

4 住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

5 その他必要なもの(お越しいただく方により異なりますので、以下をご参照ください)

※通知カード、住民基本台帳カードは、窓口で回収させていただきます。

申請者本人がお越しになる場合

本人確認書類として、次のAから1点、またはBから2点が必要です。

<A>
住民基本台帳カード(顔写真付きのもの)、運転免許証、運転経歴証明書(交付年月日が平成24年4月1日以降のものに限る)、パスポート、身体障害者手帳、精神障害者保険福祉手帳(顔写真付きのもの)、療育手帳、在留カード、特別永住者証明書、一時庇護許可書または仮滞在証明書

<B>
Aの書類をお持ちでない方は、官公署から発行され、または発給された書類その他これに類する書類で、個人識別事項(氏名及び生年月日、または氏名及び住所)の記載があるもの。
(例)健康保険証、年金手帳、社員証、学校証、学校が発行した在学証明書、預金通帳、医療受給者証、介護保険証等市区町村長が適当と認める書類

法定代理人が申請者本人と一緒にお越しいただく場合

申請者及び代理人の本人確認書類(申請者本人がお越しいただく場合と同じ)と法定代理人であることの証明(登記事項証明書や戸籍謄本など)が必要です。

※親権者であることの確認のための戸籍謄本については、新居浜市に本籍があり、親権者であることが確認できる場合は不要です。

任意代理人または法定代理人が代理で受け取る場合

1 申請者本人の本人確認書類
     上記Aの書類を2点、または上記A・Bの書類をそれぞれ1点ずつ、またはBの書類を3点(うち1点以上は写真入りのもの)

2 代理人の本人確認書類
     上記Aの書類を2点、または上記A・Bの書類をそれぞれ1点ずつ

3 申請者本人がお越しいただくことが困難であることを証する書類
     診断書、申請者の障害者手帳、施設等に入所している事実を証する書類等
     ※仕事や学業多忙で本人が来られない等の理由は、やむを得ない理由とは認められておらず、代理人による受け取りはできません
      ので、ご注意ください。
 
4 個人番号カード交付・電子証明書発行通知書兼照会書(交付通知書・はがき)
     回答書欄、暗証番号欄に記入があり、目隠しシールが貼られていること

5 代理権を証明する書類
     法定代理人の場合は、登記事項証明書や戸籍謄本など
     任意代理人の場合は、交付通知書の委任状欄に申請者本人がその旨を記載してください。

6 申請者本人のマイナンバー通知カード

7 申請者本人の住民基本台帳カード(お持ちの方のみ)

暗証番号について

カード交付時に、暗証番号を4種類登録する必要があります。
事前に暗証番号を検討のうえ、お越しください。

1 「署名用電子証明書」用の暗証番号
     英字と数字で6文字以上16文字以下で設定します。英字は大文字のAからZまで、数字は0から9までが利用でき、いずれも1つ以上
     必要です。
2 「利用者証明用電子証明書」用の暗証番号
3 「住民基本台帳」用の暗証番号
4 「券面事項入力補助」用の暗証番号
     2・3・4は、数字4桁で設定します。同じ数字でも設定可能です。

マイナンバーに関するお問合せ

【マイナンバー総合フリーダイヤル】

0120-95-0178

・平日9時30分~20時00分
・土日祝9時30分~17時30分
(年末年始 12月29日~1月3日を除く。)
・マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付けます。

音声ガイダンスに従って、お聞きになりたい情報のメニューを選択してください。
1番:通知カード・マイナンバーカード(個人番号カード)・公的個人認証サービス(電子証明書の利用)に関するお問い合わせ
2番:マイナンバーカード(個人番号カード)の紛失・盗難について
3番:マイナンバー制度・法人番号に関するお問い合わせ
4番:マイナポータルに関するお問い合わせ

※外国語でのご利用をご希望の方は、次のダイヤルにおかけください。
 対応言語:英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語

 ・マイナンバー制度、マイナポータルに関すること
  0120-0178-26(フリーダイヤル)

 ・通知カード、マイナンバーカード、紛失・盗難によるマイナンバーカードの一時利用停止
  0120-0178-27(フリーダイヤル)



【個人番号カードコールセンター(全国共通ナビダイヤル)】

0570-783-578

・全日8時30分~20時00分
(年末年始 12月29日~1月3日を除く。)
・マイナンバーカードの紛失、盗難などによる一時利用停止については、24時間365日受け付けます。

※ナビダイヤルは通話料がかかります。
※一部IP電話等で上記ダイヤルに繋がらない場合は、050-3818-1250におかけください。
※外国語での対応をご希望の方は、0570-064-738におかけください。
 対応言語:英語、中国語、韓国語、スペイン語、ポルトガル語

Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ