ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新居浜市消防本部 > 『救急車』の正しい利用を

『救急車』の正しい利用を

  助かる命があります

   近年、救急車出動件数の増加が原因となり、救急車の現場到着時間および病院搬送時間が長くなるという問題が発生しています。現場到着時間が遅れることで、心臓停止や呼吸停止による死亡率が格段に上がります。救急車の出動件数増加の背景には、本来ならば救急車を呼ぶ必要のない、緊急度の低い不適正利用者の増加が挙げられ、全搬送者のうち軽症者の割合は過半数であり、この中には本来、救急車を利用する必要のなかった人もいます。

 消防本部は、こうした救急車の不適正利用の問題に焦点を当て、緊急度の高い本当に救急車が必要な人々がいつでもすぐに利用できる社会の実現を図りたいと考えています。全国的にも救急車の不適正利用が問題となっており、救急車の利用に際し、無料であることが無制限の利用を促しているのではないかという指摘もあります。その対策として、実際にいくつかの自治体では有料化も検討されていますが、まずは救急車の適正利用を訴え、救急車の有効な利用を促進したいと考えています。そのためには市民の皆さんのご理解とご協力が必要不可欠です。 もし、あなたや家族が、突然意識がなくなり救急車を必要としたとき、出場可能な救急車がいなかったら…

 救急車は限りある医療資源です。救急医療を安心して利用することのできる社会を目指し、いざというときの皆さん自身のためにも救急車の適正な利用をよろしくお願いします。

 ~その119番、本当に緊急?~

 救急車が実際に出動した事例を紹介します。救急車を要する状況なのか、皆さんはどう思いますか?

『緊急性がない場合』               

・足をひねった 

・歯が痛い

・しゃっくりが止まらない

・便秘でおなかが張る(便が出ない)

・救急車で行くとすぐに観てもらえる

(病院に行くと待たされるのが嫌だ)

・自分で病院を探すのが面倒だから

『タクシー代わりの救急要請』

・今日入院予定だから乗せて言ってほしい

(入院の準備をし、歩いて救急車へ)

・無料で病院に運んでもらえるから

・医療機関へ行く方法がない

・○○病院に連れて行ってほしい

・開いている病院が遠い

・○○時○○分に来てほしい

救急車出動件数

現場到着時間などのグラフ

 ~こんな症状がみられたら、ためらわずに119番に通報してください!~

ためらわずに救急車を(大人)

ためらわず救急車を(子ども)

~救急通報のポイント119~

 119通報した際は、詳しい状況・持病・かかりつけ病院などについて尋ねられることがあります。答えられる範囲でお答えください。

 救える命を救うためには、応急手当が重要です。応急手当が必要な場合は、消防本部から電話で指示されます。

 応急手当をしている人以外にも、人手がある場合は、救急車の来そうなところまで案内に出ると到着が早くなります。

         救急車到着イメージ

 救急車が到着するまではどうしても時間がかかります。いざというときに、大切な方を救うためにも、正しい応急手当を身につけておきましょう。

消防署では応急手当の講習を行っています。

 ☆救急車を呼んだら、こんな物を用意しておくと便利です。

・保険証や診察券 ・靴 ・普段飲んでいる薬(おくすり手帳)

〔乳幼児の場合〕 

・母子健康手帳 ・紙おむつ ・ほ乳瓶 ・タオル

 ☆救急車が来たら、こんなことを伝えてください。

・事故や具合が悪くなった状況・救急隊が到着するまでの変化・行った応急手当の内容・具合の悪い方の情報 

※持病、かかりつけの病院やクリニックなどは、日頃からメモにまとめておくと便利です。


このページのトップへ