ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新居浜市消防本部 > 119番のかけ方

119番のかけ方

 普段、あまりなじみのない119番通報ですが、皆さんもいつ不幸にして火災に見舞われたり、救急要請が必要になるかもしれません。119番通報のイラストです

 いざという時に、正確な119番通報ができるよう、日頃から手順などを確認しておきましょう。

※新居浜市では、加入電話からの通報に対して、地図で位置を特定することができます。(携帯電話からはできません。)

通報の方法

 受話器を上げ、局番なしで「119」をダイヤルします。通報をすると、次のように119番受付員が必要なことを順にたずねますので、それに応じる形で、落ち着いてはっきりと正確に答えましょう。

火災の通報例
119番受付員通  報  者

 火事ですか、救急ですか。

 火事です。

 場所はどこですか。

 新居浜市○○町○丁目○番○号です。

 何が燃えていますか。

 ○○が燃えています。

 あなたの名前と今かけている電話の
 番号を教えてください。

 私の名前は○○○○です。
 電話番号は○○-○○○○です。

救急の通報例
119番受付員通  報  者

 火事ですか、救急ですか。

 救急です。

 場所はどこですか。

 新居浜市○○町○丁目○番○号です。

 どうしましたか。

 ○○(だれ)が○○○○(どうした)です。

 あなたの名前と今かけている電話の
 番号を教えてください。

 私の名前は○○○○です。
 電話番号は○○-○○○○です。

 通報内容や通報される方の状況によって、119番受付員の問いかけが異なる場合があります。

 場所を伝える際は、住所を伝えることが必要です。住所がわからないときは、近くの大きな目標を伝えてください。

 携帯電話から通報する場合、通報後はしばらく電源を切らずにその場にいてください。消防署から問い合わせをする場合があります。

119番通報メモ(別ウィンドウで開きます)

通報のポイント

 実際に火災に見舞われたときや、家族がけがや急病のときは、気が動転し、あわてて一方的に話すと、正確に伝わらないうえ、時間もかかります。

自分だけで一気に話そうとせず、
落ち着いて
聞かれたことに正確に答えていく

 あなたが通報している場所にまで煙や火が拡大するなど危険が迫っている場合は、すぐに避難しましょう。


Adobe Reader<外部リンク><外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ