ページの先頭です。 メニューを飛ばして本文へ
トップページ > 新居浜市消防本部 > ガソリン携行缶の取扱いについて

ガソリン携行缶の取扱いについて

 平成25年8月15日、京都府福知山市の花火大会において、ガソリンの不適切な取扱いによる、多数の死傷者を出す火災が発生しております。 

 私たちの生活にはなくてはならない危険物ですが、その取扱いや保管方法によっては、危険性を増幅させ、思わぬ事故に発展することになります。
 また、ガソリン・灯油・軽油などの燃料類を始め、パーツクリーナー、マニキュア、除光液、ヘアースプレー、殺虫剤など危険物を利用した製品はたくさんあります。再度、製品に書かれている使用上の注意事項や取扱方法等を確認し、危険物による事故を防ぎましょう。

 また、この度の事故を踏まえたガソリンの取扱いに関するリーフレットを作成しましたので、次のPDFファイルをクリックし、参考としてください。


知ってますか??ガソリンの危険性(PDF136KB)


Adobe Reader<外部リンク>

PDF形式のファイルをご覧いただく場合には、Adobe社が提供するAdobe Readerが必要です。
Adobe Readerをお持ちでない方は、バナーのリンク先からダウンロードしてください。(無料)

このページのトップへ